新型コロウイルス感染拡大を受け、ホテルや結婚式場などを展開する長寿荘(ひたちなか市)は28日、運営するホテルテラスザガーデン水戸(水戸市宮町)で、オンラインを活用するなど「新しい生活様式」に沿った結婚式や披露宴の説明会を開き、参加したカップルが熱心に耳を傾けた。

説明会は28日まで2日間開き、約50組が参加した。会場と列席者の自宅をオンラインでつないだ披露宴や宅配向けの料理のほか、会場に招待した場合の感染リスク抑制に向けた対策を説明。接触を抑えるため、複数の料理を一つの大皿に盛り付けることで、配膳の回数を減らすといった取り組みを紹介した。

同社の海野泰司社長は「(新郎新婦は)本当にどうしたらいいか分からず悩んでいる。知恵を絞り、できる限り方法を工夫して、2人が夢見ている結婚式を一緒に実現したい」と話した。