【特集】水口氏の至宝『Rez Infinite』がPCに!―インタビューと体験プレイでその内面に迫る

【特集】水口氏の至宝『Rez Infinite』がPCに!―インタビューと体験プレイでその内面に迫る


2016年10月にPS4/PS VR対応で発売された共感覚シューティングアドベンチャー『Rez Infinite』が、8月10日、SteamとOculus Storeにて電撃リリースされました。PS4版の機能に加え、ハイエンドなゲーム環境を構築できるPC版ならではの様々な新要素が追加されています。本稿では、エンハンスゲームスにて実際に体験したインプレッションと、クリエイター水口哲也氏をはじめとする開発チームのインタビューをお届けします。なお、PS4版のインタビュー&インプレッション記事も過去に掲載していますのであわせてご覧ください。

■『Rez』はさらなる高次元へ


2001年にドリームキャスト/ PlayStation 2向けタイトルとして登場した『Rez』。昨年、PS4向けに『Rez Infinite』として生まれ変わり、新たなエリア「Area X」の追加やPS VRによるVRモードへの対応、PS4 Proでの4K解像度対応で世界中のゲームファンをうならせたのは記憶に新しいところ。

今回リリースされたPC版では、Oculus Rift & HTC ViveといったVR機器をサポートし、キーボードの「V」を押すことでゲームプレイを一時停止して360度見渡すことが可能な「View Mode」を搭載。また、解像度には上限がなく、将来的に発売されるであろう8Kを超えるさらに精密な解像度のモニターにも対応可能となっています。さらに、世界中のプレイヤーとスコアを競うグローバルランキングが初めて搭載されています。(グローバルランキングはSteam版とOculus Store版では別)

PC版『Rez Infinite』の動作環境は以下の通り。

デスクトップモード必要動作環境
OS: Windows 7/8/10 (64-bit)
プロセッサ: Intel i3-3220
メモリ:4GB RAM
グラフィックス: NVIDIA GTX 750
DirectX: Version 11
サウンドカード: DirectX 11対応

デスクトップモード推奨動作環境
OS: Windows 7/8/10(64-bit)
プロセッサ: Intel i5-4460以上
メモリ: 8GB RAM
グラフィックス: NVIDIA GTX 750ti 以上
DirectX: Version 11
サウンドカード: DirectX 11 対応
VRモード必要動作環境
OS: Windows 7/8/10(64-bit)
プロセッサ: Intel i5-4590
メモリ: 8GB RAM
グラフィックス: NVIDIA GTX 970
DirectX: Version 11 サウンドカード: DirectX 11 対応

VRモード推奨動作環境
OS: Windows 7/8/10 (64-bit)
プロセッサ: Intel i7-4770 以上
メモリ: 8GB RAM
グラフィックス: NVIDIA GTX 1070 以上
DirectX: Version 11
サウンドカード: DirectX 11 対応

※ VRでのプレイには 、Intel i5-4590 CPU, 8GB RAM, DirectX 11以上が必要。

■PC版ならではの多彩な設定や操作デバイスが選択可能


『Rez Infinite』は、PCで使える様々な入力デバイスに対応しています。キーボード&マウスはもちろん、Xbox Oneコントローラーを初めとした各種ゲームパッド、ViveコントローラーやOculus Touchなど。特筆すべきは、「Area X」以外であればマウス単体かキーボード単体でプレイできるということ。筆者はすべてのデバイスで実際に体験してみましたが、マウス操作との相性の良さに驚かされました。使いなれたマウスのクリック操作によって心地の良いリズムを刻めるのは非常に快適です。片手で腕を大きく動かしてプレイするOculus Touchによる操作も独特で面白いものに仕上がっていました。

ハイエンドゲーミングPCによる極上のグラフィック体験はもちろん、もともとドリキャス世代のゲームということもあって、要求スペックはさほど高めではありません。細かいグラフィック調整が可能ですので、設定次第ではAPUを搭載した最近のノートPCでの快適な動作も見込め、いつでもどこでも『Rez Infinite』をプレイできる環境を構築できそうです。なお、「Area X」は最新の開発環境で作られているため、ある程度のスペックは必要。VRモードはハイスペックゲーミングノートPCが必須です。

※次ページ: エンハンスゲームスの水口哲也氏と開発を担当したMonstarsのスタッフへのインタビューをお届け


PC版『Rez Infinite』のメディア向け体験会場にて、『Rez』の産みの親である水口哲也氏と、開発を担当したMonstarsの東郷泰行氏・楠瀬篤氏にお話をうかがうことができました。

===== ===== =====

――本日はよろしくお願いします。まず、『Rez Infinite』PC版の概要と開発の経緯をお聞かせください。

水口哲也氏(以下、水口):PS4版の『Rez Infinite』がリリースされたのは、去年の10月13日でした。それから10ヶ月経過したのですがまだまだ売れ続けていて、昨年は様々な賞もいただきました。『Rez Infinite』は2001年にPlayStation 2とドリームキャスト向けに作ったクラシックの『Rez』のリマスターというだけでなく、「Area X」も追加したものです。今まで『Rez』はずっとコンソールだけでしかやってきていなかったのですが、世界中にたくさんのPCゲームユーザーが存在していますし、強い思いとして絶対にPC展開はやらなければいけないという思いがありました。実際、『Rez Infinite』開発の最初の段階からPCでの展開は決めていたんです。今回、満を辞して究極かつ最高峰の『Rez』が完成したと言えます。さらに、VRモードをHTC ViveやOculus Riftでも遊べるようにしました。これまでPS4だけで展開してきましたが、これを機にいろんなプラットフォームで遊べるようにしていきたいですね。

――PC版の開発についてですが、PS4版の開発と比較して大変だったことはありましたか。

楠瀬篤氏(以下、楠瀬):PC版では、PC用ゲームパッドに加えてOculus TouchやViveコントローラーに対応していますし、VR機器も複数対応しています。そうなると、一方の対応を行うと一方に不具合が発生してしまい、VRモードでは不具合の度にヘッドマウントディスプレイをつなぎ替えながら確認しなければいけませんでした。PS4版のVRモードの調整はPS VRだけでしたが、PC版は複数行わないといけなかったというのが開発での大きな違いです。

――PC版の開発期間について。

水口:実は、PS4版を開発している時にはPS VRの開発機がなかったのでOculus Riftで開発を行っていましたし、もともとPS VRに対応する前からPC版の構想自体もありました。PCベースでの開発がPS4に大きくシフトしたのは、2015年のPlayStation Experienceで『Rez infinite』を発表したあたりですね。そこからPS VRを先行で開発して、その後でPC版の開発に移行した形です。そういう点では、PC版はすごく長い期間開発していることになります。

マウスでプレイする水口氏
――様々な操作デバイスに対応していますが、みなさんのおすすめはどれでしょうか。

東郷泰行氏(以下、東郷):僕はOculus Touchですが、最近はマウスです。開発当初はキーボードとマウスはやりにくかったのですが、いい具合に調整できました。ぼーっとマウスでプレイするのが最近のお気に入りです。

楠瀬:僕もOculus Touchです。片手でも操作できるので、右のコントローラーで遊んでる途中で左のコントローラーに変えることもできます。僕は2拳銃みたいに持って、今までの『Rez』じゃないみたいな操作で遊んでいます。

水口:Xbox 360版の『Child of Eden』ではKinectで操作できていましたが、Oculus Touchはあのプレイ感覚が少し入っているんです。VR空間で片手だけで腕を大きく振ってプレイしたり両手に切り替えたりしながら、空間を使いつつバイブレーションのフィードバックもあります。Kinectはフィードバックが作れなかったので、体験としては新しいのではないでしょうか。

――PCゲームにはMod文化がありますが、ユーザーが自由にエリアを作れるツールなどの展開はお考えでしょうか。

東郷:正直、見てみたいというのはあります(笑)。

水口:オフィシャルのツールまではまだ考えてないですね。


――PCゲームだと特殊なデバイスにも対応しやすいと思うのですが、PC版に対応したシナスタジアスーツを特注で販売する計画はないのでしょうか。

水口:いずれやってみたいことではありますね。実はPC版でシナスタジアスーツで遊べるようにする準備は進めてはいて、近いうちにみなさんが体験できる機会をつくろうと考えています。

――PC以外の他のプラットフォーム展開は。

水口:現在は、GoogleのVRプラットフォーム「Daydream」への対応を進めています。

――今作は水口さんにとって初のPC向けタイトルになると思うのですが、今後、PCでご自身が手がけたタイトルをリリースする予定はあるのでしょうか。

水口:昔、セガラリーのPC版はあったのですが僕が関わってはいませんでしたので、『Rez Infinite』は初めてのPC向けタイトルといえますね。PCゲームは日本にいるとあまりなじみのない方もいらっしゃいますが、世界的に見ればコンソールゲーマーと同じかそれ以上ですよね。もっと多くの人に『Rez Infinite』を体験してもらいたいという気持ちと、前からPC向けにやりたいという気持ちがありました。今回、いい感触が得られれば他のタイトルもやりたいですね。PC版『ルミネス』とか。まだまだ僕らはSteamやPCのお客さんのことを学んでいく必要がありますので、少しずつ経験を貯めて、いずれ挑戦してみたいですね。

――『Rez』のファンや、PC版がでたからプレイしてみようという新規ユーザーに向けてコメントをお願いします。


楠瀬:僕自身、シューティングが得意じゃなくて避けてきたジャンルなんですが、VRモードではシューティングが苦手な方でも気持ちよく体験できるようになっています。操作に関してもパッドやマウスなどいろんなデバイスに対応していますので、ユーザーさんの好みに合わせて『Rez Infinite』を楽しんでもらえたらと思います。

東郷:グローバルランキングを搭載したので、私たちが驚くようなスコアを是非とも出して欲しいなと思います。

水口:僕がユーザーの立場だとすると、すごく嬉しいのは7曲入ったサウンドトラックが付いてくるところではないでしょうか(笑)。壁紙やトレーディングカードもたくさん付いてきますし、デジタルアートブックもあります。デジタルアートブックは、PS4の限定版に付いていきた本と同じ内容です。価格も2999円と頑張ったので、お祭りみたいな感覚で多くの人に楽しんでもらいたいと思います。

――本日はありがとうございました。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

PC版『Rez Infinite』は、Steam・Oculus Storeにて販売中。発売から2週間は、サウンドトラックやデジタルアートブック、壁紙などが手にはいる「Digital Deluxe Edition」が無料でダウンロードできます。価格はSteam/Oculus Storeともに2,999円ですが、リリース記念として20%オフのディスカウントが実施中です。

関連記事

インサイドの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索