【9/19更新】『真・三國無双8』登場武将や対応機種は?現時点の情報まとめ

【9/19更新】『真・三國無双8』登場武将や対応機種は?現時点の情報まとめ

※UPDATE(2017/9/19) :「映像」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/9/14) :「参戦キャラクター」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/9/7) :「新アクション」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/9/7) :「参戦キャラクター」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/9/7) :「スクリーンショット」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/9/3) :「参戦キャラクター」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/9/3) :「関連記事」の項目を追記しました。
※UPDATE(2017/8/25) :「参戦キャラクター」の項目に新情報を追加しました。
※UPDATE(2017/8/25) :「関連記事」の項目を追記しました。


2016年12月17日に実施されたWEB生番組「コーエーテクモ史上最大のラインナップ特番」にて発表されたコーエーテクモゲームスの「真・三國無双」シリーズ最新作『真・三國無双8』。シリーズ初のオープンワールドを採用した本作の登場武将や対応機種など、現時点で判明している情報をまとめてお届けします。

◆発売日
未定

◆価格
未定

◆対応プラットフォーム
PS4

◆ゲームジャンル
タクティカルアクション

◆CERO
審査予定

◆開発チーム
ω-Force

◆概要
『真・三國無双8』は、コーエーテクモゲームスの開発チーム「ω-Force」20周年の節目の作品となる「真・三國無双」シリーズの最新作。これまでのシリーズタイトルから大幅なゲーム内容の刷新が行われおり、中国大陸を広大な一枚のマップとしたオープンワールドをシリーズで初めて採用。一騎当千の爽快アクションを繰り出すという楽しさはそのままに、“オープンワールド”がもたらす自由度の高さの実現により、まったく新しい無双体験が可能となった。

◆公開された情報
■プレイヤーの選択により状況が刻々と変化する、多彩なミッション
本作では、攻略していくことで操作武将が活躍する時代の物語が大きく進行する「主要任務」をはじめ、主要任務に影響を与える「任務」、様々な人からの「依頼」など、多彩なミッションが各地で無数に発生。プレイヤーの選択により状況が刻々と変化していく。
主要任務の受注
虎牢関制圧へ
依頼の受注
黄巾党との戦い
村落の救援
都市での戦い

■百人百様のプレイ
フィールド上では多彩な任務が発生し、プレイヤーはそれぞれの任務を自由に遂行して最終目標を目指す。それぞれの任務は他の任務に影響を及ぼすことがあり、また、任務の攻略方法によってプレイの難易度も変化していく。「正攻法で進んで着実に攻略」、「高難度を覚悟で一気に攻める」、「別の任務を優先して戦局を変える」など、最終目標に向けた道筋はプレイヤー次第。

●衝車を使わない攻略
衝車を使わずに攻略する場合は、鉤縄をつかって城内に潜入し、単独で戦う必要がある。守りが固く敵も多いため、非常に難易度が高くなる。



●衝車を使った攻略
衝車を使って城門を破壊することができるため、味方軍と共に城内侵入することができる。そのため、難易度も低くなり、攻略しやすくなる。


また、大陸各地で起こる大小さまざまな戦いにおいても、「正面から突破する」、「高所から奇襲をかける」、「夜間に単身潜入する」など、さまざまな攻略が可能。
高所からの奇襲
遠距離からの攻撃
夜間の単独行動

■各地で起こる様々な戦闘
『真・三國無双8』では、任務や依頼以外にも、さまざまな遭遇戦が発生する。

●虎・狼との遭遇
目的地への移動中には、虎や狼といった動物と遭遇することがある。彼らは、縄張りに侵入してきたプレイヤーに容赦なく襲ってくるため、戦うかその場から逃げるかの選択を迫られる。



●パンダとの遭遇
竹林の中では、パンダに出会うことも。パンダと戦うことは無いが、遭遇したら何かいいことがあるかもしれない。


●輸送部隊の襲撃
広い大陸各地には、物資を運ぶ輸送部隊と遭遇することがある。輸送部隊を倒すと、レアなアイテムやお金をもらえるようになる。また、状況によっては戦場へ影響を与えることも。


■新アクション
●ステートコンボシステム
本作では「無双」シリーズならではの手軽な操作はそのままに、周囲の状態に応じて変幻自在な立ち回りを可能にする新アクション“ステートコンボシステム”を搭載。コンボの起点となる「トリガー攻撃」、敵の状態に応じて変化する連撃「フロー攻撃」、コンボを締めくくる強力な「フィニッシュ攻撃」の3つで構成され、シリーズ最高レベルの“一騎当千の爽快感”を体感できる。
ステートコンボ「打上トリガー」
ステートコンボ「エリアルフロー」

・フロー攻撃
通常状態や空中状態、ダウン状態といった、敵の状態によって変化する攻撃。素早い連続攻撃で、敵に多くのダメージを与えることができる。




・リアクト攻撃
プレイヤーと敵との状況やタイミングによって変化する攻撃。プレイヤーにとって有利な局面を作り出すことができる。




・トリガー攻撃
敵の状態を変化させる一撃。攻撃ヒット後、狙ったフロー攻撃につなげることで思い通りのコンボを繰り出すことができる。




・特殊技
それぞれの武将固有の強力な攻撃


●インタラクティブアクション
地形や環境に応じた行動が可能となる“インタラクティブアクション”を採用。山に登ったり川を泳いで渡ったりすることはもちろん、「鉤縄を使って壁を登る」「油壷を弓で誘爆させて敵を攻撃する」「壁を使って三角飛び」など、その場の状況に応じた多彩な行動が選択できることにより戦略の幅が広がる。さらには、「水辺での釣り」まで可能。インタラクティブアクションによってフィールド上での自由度さらに高くなる。






■中国大陸に再現される多彩な地域性
広大な中国大陸に表現される「雪原」・「ジャングル」・「砂漠」などの多彩な地域性や、リアルタイムに変化する昼夜・天候を美麗なグラフィックで表現。加えて、洛陽・虎牢関などの主要な都市・関をはじめ、黄河・嵩山などのランドマークも再現。これまでにない没入感を味わうことが可能。






雪原
成都の竹林
成都北部の杉林
南方のジャングル地帯
砂漠地帯
北部を流れる大河川「黄河」
中国五岳のひとつ「嵩山」
新野
洛陽
虎牢関
建寧
広宗
万里の長城

■参戦キャラクター
これまでの「真・三國無双」シリーズに登場した無双武将全83名も衣装を一新して登場することが決定。

●【初参戦】荀攸(CV: 浜田 賢二)
キーワード:泰然自若の戦術家
曹操に仕える軍略家。多くの大戦、局地戦において策を提案し、曹操軍を勝利に導いた。荀彧とは縁戚関係。





●【初参戦】満寵(CV: 青木 崇)
キーワード:微笑みの謀士
魏の知将。計略や罠を巧みに操り、数々の防衛戦で活躍する。弁舌にも優れており、旧知の仲である徐晃に曹操への出仕を勧めた。仕事以外には無頓着であるということを、服前面の掛け違いで表現している。

満寵の得意武器は、武器のコンパクトさを活かして両手の武器を交互に、あるいは揃えた状態での素早い突き、振り払いを中心に行う「射刃槍(シャジンソウ)」というもの。突きや払いに合わせて、武器の柄の中に収納された穂先を射出したり、単発の射撃、連射を織り交ぜる攻撃も行う。




●王異(CV: 桑島 法子)
キーワード:復讐に咲く妖花
漢中豪族・王氏の娘。一族を西涼の軍閥に滅ぼされたため、馬超に復讐を誓い、魏の参謀となった。必要以上に他者との関係を持たないでいたが……。


●于禁(CV: 宮内 敦士)
キーワード:峻厳なる常勝将軍
曹操の下で立身出世を遂げた将。数々の戦いで功績を挙げ、その威名を天下に鳴り響かせる。一方で軍規を重んじ。融通の利かぬ性格から敵味方問わず恐れられていた。


●張遼(CV: 田中 大文)
キーワード:比類無き刃
はじめ呂布配下の将として各地を転戦したが、呂布の敗死後、曹操配下となる。常に冷静沈着で、的確な判断を下して戦場を掌握した。魏の五将軍の筆頭に挙げられる。義を重んじ、敵に対しても礼を忘れない人物である。


●甄姫(CV: 住友 優子)
キーワード:麗しの華
傾国の美女。肌は玉のごとく、美貌は花のごとし、と讃えられる。袁紹の次男・袁煕の妻だったが、曹操が冀州を攻め落とした際に、息子の曹丕が見初めて妻にした。歌や音楽を愛する雅やかさと、他者にこびることない凛とした美しさと、厳然たる気風の持ち主。



●曹丕(CV: 神奈 延年)
キーワード:怜悧なる次代
魏王・曹操の息子で、生まれながらにその覇業を継ぐ運命を背負っている。次代を統べるに相応しい才気を持っているが、育った環境と高い知性が、時として冷酷な発言や人を見下すような態度を取らせる。冷静に万事を見極め、己のあるがままに万事に対応することができる人物。



●張郃(CV: 幸野 善之)
キーワード:絢爛の闘士
魏の五将軍に数えられる将。紳士的な物腰と艶のある魅力を持つ武人。また、武芸のみならず、書や音楽をたしなむ優雅な面も持っている。


●夏侯淵(CV: 徳山 靖彦)
キーワード:気さくな闘将
夏侯惇の従兄弟で、夏侯惇とともに曹操挙兵時から付き従い、軍の一翼を担った。急襲を得意とした名将であり、また、武芸においても弓術に秀でていた。仲間には優しく敵には厳しいという、裏表のはっきりした人物。


●許褚(CV: 吉水孝宏)
キーワード:純真の武
大柄で恰幅のいい身体を持ち、曹操を傍らで護る。およそ武人らしからぬ呑気な性格。おっとりした物腰と無邪気な言動で周囲を和ませたが、反面、戦場では虎のように勇猛に戦ったことから「虎痴」の異名をとった。


●典韋(CV: 中井和哉)
キーワード:猛き忠義
その怪力と魁偉な風貌から、曹操より古代の豪傑「悪来」とあだ名される。粗暴な言動や荒々しい外見とは裏腹に、人一倍忠節を重んじる人物である。曹操の護衛として活躍する。


●曹操(CV: 岸野 幸正)
キーワード:蒼き覇道
後に魏の王となる。「乱世の奸雄」と人物を評される。判断力、決断力に富み、黄巾討伐軍に参加して頭角を現すと、混乱する中原に着々と地盤を固め、大国・魏の礎を築き上げた。野心家であり合理主義者。時に苛烈な一面を見せ、周囲を恐怖に陥れた。また、兵法書を著す、詩吟を嗜むなど、文武諸芸に通じていた。


●夏侯惇(CV: 中井 和哉)
キーワード:隻眼の将星
武勇に優れた隻眼将軍。主君の曹操は従兄弟にあたる。冷静沈着な将であり、ひとりの武人としても一流の強さを持つ。曹操の信頼に応え、覇道を支えるため、戦場を駆ける。


●【初参戦】徐盛(CV: 新垣 樽助)
キーワード:硬派な快男子
孫権に仕える将。孫権が孫策の後を継ぎ、広く人材を求めたとき、招かれて家臣となった。赤壁、合肥攻略、荊州攻略などに従軍。曹丕が呉を攻めた際には、偽の城や城壁で魏軍を退けるなど、長く前線で活躍した。





●【初参戦】程普(CV: 谷 昌樹)
キーワード:辛口の人格者
孫家三代を支えた宿将。孫呉の領地拡大と安定に力を尽くし、貢献する。勇猛な武人として長く前線で戦い、時には年長者として参謀的な役割も果たした。





●黄蓋(CV: 稲田 徹)
キーワード:練達の宿将
孫堅挙兵時以来の宿将。生涯前線で戦うことを生き甲斐とする剛の者。その豪快な物腰は歴戦を戦い抜いた自信を漂わせる。


●孫策(CV: 河内 孝博)
キーワード:快活なる炎
孫堅の長男。自ら武器を振るい闘うことに喜びを感じる、生気に満ちた闘将で、「小覇王」と称された。自由闊達な性格と、分け隔てない人当たりの良さを持つ。幼なじみの周瑜をはじめ、優秀な人材を集めて呉の基盤を築いた。


●周瑜(CV: 吉水 孝宏)
キーワード:紅き情熱
孫策とは義兄弟。容姿端麗だったことから「美周郎」の異名をとった。不世出の将帥で、数々の戦いを指揮し、勝利を収めた。また、文芸や音楽などにも多彩な才を発揮した。流麗な物腰の裏に、激しい情熱を宿している。


●小喬(CV: 嶋方 淳子)
キーワード:無垢なる花
橋玄の娘。周瑜の妻となる。姉の大喬とともに、「二喬」と称された美女。無邪気で、やや世間知らずの所があり、戦場へも、周瑜に付き従って遊び気分で赴いている節がある。そのため、戦場でも物怖じしない勇ましさがある。


●大喬(CV: 嶋方 淳子)
キーワード:儚くも強き花
橋玄の娘。孫策の妻となる。妹の小喬とともに、「二喬」と称された美女。争いを好まない優しい性格だが、孫策を支えたい一心で戦場に出るようになる。


●凌統(CV: 松野太紀)
キーワード:憎めない皮肉屋
父である凌操と共に、孫呉に武将として仕えた。黄祖の軍との戦いの中で、敵軍にいた甘寧に父を殺され、以後、彼を仇として憎む。普段の立ち居振る舞いは皮肉っぽいものだが、忠孝の心は篤い。その心根が彼の武芸を支え、孫呉でも屈指の武将たらしめている。


●甘寧(CV: 三浦祥朗)
キーワード:磊落の侠
腰に鈴をつけていたことから、「鈴甘寧」と呼ばれる。竹を割ったような性格の快男児。劉表、黄祖に従うが、重用されず、呉に身を寄せた後は赤壁や対魏戦で活躍した。短気で喧嘩っ早いが、面倒見がよく、部下から慕われる。


●孫堅(CV: 徳山 靖彦)
キーワード:猛き虎の魂
孫子の末裔とされる。落ち着いた明るさを持った孫家の長。聡明な君主、勇猛な将、優しき父と、多くの顔を併せ持っている。水賊退治で名を成した後、黄巾討伐で活躍し、長沙の太守となる。反董卓連合軍では先鋒を務め、洛陽への一番乗りを果たした。


●孫権(CV: 菅沼 久義)
キーワード:雄々しき若虎
孫堅の次男で孫策の弟。孫策からその治国の才を評される。自身の強さや行動に自信を持てずにいたが、やがて英明な君主に成長していく。


●孫尚香(CV: 宇和川 恵美)
キーワード:尚武の姫君
孫堅の娘。明るく快活で、負けず嫌い。武芸にも秀で、戦場では真っ先に敵陣に突っ込んでいく勝気な性格。その武技と容姿の美しさから、「弓腰姫」とあだ名される。


●陸遜(CV: 野島 健児)
キーワード:若き知勇の炎
思慮深く、常に誠実を旨として振舞う清廉な将。呂蒙と協力して関羽を撃破し、荊州の奪還に成功。さらに夷陵の戦いでは大都督として呉軍を指揮し、策をもって劉備率いる蜀の大軍を破った。少年のような快活さと、機知に富んだ聡明さを併せ持っている。


●【初参戦】周倉(CV: 沢城 千春)
キーワード:天下最速の怪力従者
元黄巾党・張宝の部下。臥牛山で山賊に身を落としていた時に憧れていた関羽と再会、従者となる。並外れた俊足の持ち主で、その速さは、一日千里を駆ける赤兎馬と同じであったという。また、怪力で水練(水泳)に長じ、将としても活躍した。3枚目でありながらも、黙っていれば整った顔立ちという、これまでにいそうでいなかったポジションを狙ったキャラクター。

周倉の得意武器は、「流れるような演舞」「両手持ちでの力強い斬り」が特徴的な「大?刀(ダイサツトウ)」というもの。攻撃速度やヒット数によってリーチをカバーする。




●星彩(CV: 野田 順子)
キーワード:若き守り手
張飛の娘。乱世の只中に生まれ、劉備軍の名だたる武将に囲まれて育ち、自らの意思で戦場に立つことを選んだ。劉備の息子、劉禅を守ることを使命とし、蜀漢の未来を担う。直情的な父に似ず、常に落ち着いていて感情に走らない少女。



●張苞(CV: 阪口 大助)
キーワード:受け継がれし豪勇の武
張飛の子。父譲りの武の才を持つ。責任感が強く、世話好きな性格。義兄弟となった関興と共に、北伐で活躍する。



●馬超(CV: 服巻 浩司)
キーワード:熱き魂の刃
西涼の有力者馬騰の長男。その武者振りの見事さから「錦馬超」の異名を持つ。感情豊かで情熱的な若武者で、真っ直ぐな性格と、ずば抜けた行動力を持ち、己が信じる道のために槍を振るった。


●馬岱(CV: 龍谷 修武)
キーワード:陽気な苦労人
馬超の従弟。曹操に故郷を奪われた後、馬超と共に蜀に仕える。苦労人だが、言動は陽気。諸葛亮の信頼を得、魏との戦いにおいて重要な局面を任される将となった。


●張飛(CV: 掛川 裕彦)
キーワード:無比の豪勇
劉備、関羽と義兄弟の契りを結ぶ。豪放磊落な生粋の戦士。単騎による大喝一声で、曹操の大軍の追撃を退けるほどであった。子供のように純粋だが、それ故やや短気で直情的に過ぎる傾向がある。また、無類の酒好きでもあり、それが災いして失敗することもあった。


●諸葛亮(CV: 小野坂 昌也)
キーワード:至高の知
礼と義に殉じた、当代きっての天才。三顧の礼に応えて劉備に仕える。明晰な判断力と公平無私な言動で、一国を支えるほどの信頼を得た。白い羽扇を手に、戦場に神算を描く。


●関平(CV: 中尾良平)
キーワード:次代の武
元は河北の関定の次子。劉備ら義兄弟が合流する時、関定の家に泊まったことが縁で関羽の養子となった。純粋、実直な性格の持ち主であり、その気質と義父である関羽への憧憬から、劉備の軍に参じて後、瞬く間に武芸の腕を高めた。


●劉備(CV: 遠藤 守哉)
キーワード:大いなる仁
前漢の中山靖王・劉勝の末裔と称す。義兄弟の関羽・張飛とともに乱世を戦う。情深く義に篤い名君。理よりも感情に走る向きがあるが、その温かい人間性によって多くの人を惹きつけた。


●趙雲(CV: 小野坂 昌也)
キーワード:仁に惹かれる若き龍
忠義に厚く、誠実な若武者。乱世に仕えるべき主を求め各地を歴訪した末に、劉備の人柄に惚れ込み臣下となる。後に、蜀の五虎大将に数えられる。性格は穏やかだが、戦場では大軍に対し単騎で斬り込むほどの闘志を示す。


●関羽(CV: 増谷 康紀)
キーワード:義の刃を持つ軍神
蜀の五虎大将の筆頭に挙げられる。義を重んじ武に長けた稀代の英雄で、劉備、張飛と義兄弟の契りを結び、蜀の建国に尽力した。長い髯を帝に「美髯公」と賞賛され、それが通称となる。義兄劉備とはまた異なる人間的魅力で、敵味方問わず人を惹きつけた。


●鄧艾(CV: 小原 雅人)
キーワード:叩き上げ将軍
魏の歴戦の名将。元は文官だったが、司馬懿に才能を見出されて、軍機にあずかった。地図を見るのが趣味で、地形を活かした戦法が得意。対蜀戦で活躍する。


●郭淮(CV: 蒲田 哲)
キーワード:病弱な忠臣
対蜀戦で活躍した魏の将。病弱で、咳き込むことが多いが、戦場では際立った働きを見せる。夏侯淵や司馬懿に恩があり、魏への忠誠は、人一倍強い。


●夏侯覇(CV: 赤羽根 健治)
キーワード:童顔の鎧武者
夏侯淵の息子。父譲りの性格と、異様に若い外見を持つ。そのために、鎧甲冑で固めている。名門・夏侯一族の将として周囲の期待を集めていたが、魏の政変により立場を危うくしていく。


●王元姫(CV: 伊藤 かな恵)
キーワード:活眼の美姫
魏の重臣・王粛の娘。幼い頃から賢く、胆力があり、「男なりせば」と周囲から嘆息された。礼儀正しく、弱者にも優しいが、身内と判断した人間には遠慮なく本音を語る。



●司馬昭(CV: 岸尾だいすけ)
キーワード:奔放な次男
司馬懿の次男。完璧な兄に比べて、やや抜けている弟と周囲から認識されている。不真面目で大雑把な性格だが、重要な局面では物事の本質を見失うことはない。



●賈充(CV: 高橋 広樹)
キーワード:冷酷なる懐刀
魏の名臣・賈逵の子。武将であり、有能な政治家でもある。司馬懿に才を見出され、司馬師、司馬昭の腹心として活躍した。


●司馬師(CV: 置鮎 龍太郎)
キーワード:天命なき天才
司馬懿の長男。容貌典雅で、威厳があり、才気も豊かと将来を嘱望されている。一方で、独善的な性格が災いし、周囲からは畏怖と畏敬の念が入り混じった感情で見られがちである。


●呂玲綺(CV: 牛田 裕子)
キーワード:寂寥の凛々しき戦姫
呂布の娘。父譲りの武芸を発揮し、非常に勇敢で自ら率先して前線に立つ。困難へ立ち向かう芯の強さを持っているが、過去の経験から孤独を怖がるところがある。


●董卓(CV: 堀 之紀)
キーワード:酒池肉林を夢見る凶星
西涼で太守をしていたが、何進の召集に応じて上洛。混乱に乗じて幼い帝を擁し政権を握った。猛将・呂布を養子にし、武力を背景に少帝廃立、長安遷都などの横暴を極めた。悪鬼の残虐さと羅刹の冷酷さを持つ暴虐の徒。暴力的で尊大な振る舞いは、乱世に更なる恐怖をもたらした。


●袁紹(CV: 龍谷 修武)
キーワード:まばゆき名族
名門・袁家の出身。董卓の専横に対抗すべく結集した連合軍の盟主となる。董卓の死後、中原に覇を唱えるべく、幼少からの知己であった曹操と争った。名門の出自に相応の実力と勢力を持つが、それゆえの過剰な自尊心と打たれ弱さも持っている。


●貂蝉(CV: 小松 里歌)
キーワード:策謀の舞姫
絶世の美女で、歌舞に優れていた。司徒・王允のもとで実の娘同然に育てられる。董卓の専横を憂う王允のため、董卓と呂布に近づいて「連環の計」を仕掛け、見事に二人の仲を裂くことに成功する。可憐な容姿の中に秘めた強い意志と覚悟により、英傑並みの熱さをもって乱世を生きた。


●呂布(CV: 稲田 徹)
キーワード:最強の鬼神
武芸を極め、弓馬に優れた猛将。名馬赤兎馬を駆り、その鬼神の如き強さをもって「人中の呂布、馬中の赤兎」と称された。力に最大の価値を見出し、自らの力への自信から社会的倫理を顧みずに生きた漢。


■ストーリー
「黄巾の乱」から始まるストーリーは全10章以上のシナリオで構成され、各シナリオで定められた最終目標を攻略することでストーリーが進んでいく。プレイヤーは、ひとつひとつの任務を着実に達成したり、フィールド上を気ままに放浪したり、一気に最終目標めがけて突進するなど、それぞれのシナリオの中で自由に行動することができる。現在十章までの情報が公開中。物語はさらに続いていく。

●第一章:184年・黄巾平定
中平元年、張角率いる太平道は漢王朝に反乱を起こす。頭に黄色い布を巻いた「黄巾党」が、各地で一斉に立ち上がった。後の世に言う「黄巾の乱」である。朝廷は直ちに乱を鎮圧しようとするが、むなしく敗北を重ねた。四百年続いた漢王朝の命運は、今まさに尽きようとしていた。
英傑たちの出会い
桃園の誓い

●第二章:190年・洛陽争乱
都の洛陽では、十常侍ら宦官と帝の外戚の一派が対立。外戚に味方した袁紹らが宮中に乗り込み、十常侍を討った。この騒動に乗じて上洛したのが、西涼の豪族・董卓である。董卓は帝の身柄を奪うと、自らは太尉の座に就き、権力を独占。暴虐の限りを尽くした。
貂蝉と董卓
孫堅と関羽の共闘

●第三章:194年・群雄割拠の始まり
世が混迷を極める中、各地へ散った群雄たちが動き始める。初めに頭角を現したのは、名門袁家の袁紹と袁術である。二人は力を競って凌ぎを削り、対立は激化。諸侯もそのどちらかにつき、二大派閥を形成していった。だが派閥に属す者たちも、胸の内には違った思惑を秘めている。それぞれが己の野望を果たすため、動き出そうとしていた。
互いに認め合う曹操と劉備
夏侯惇に挑む関羽

●第四章:197年・中原を制する者
二大派閥の一派・袁術は徐々に劣勢に追いやられていた。彼は焦りのあまり、とんでもない暴挙に出る。亡き孫堅より奪った玉璽を手に、帝を僭称。自分こそが正当な統治者だとして、諸侯に臣従を呼びかけた。だがそれは、袁紹に袁術を討つ口実を与えることになる。袁紹は袁術を逆賊となじり、討伐に向けて動き始めた。
曹操の猛追から劉備を逃がす
しんがりとなって敵前に立つ関羽

●第五章:200年・臥龍の目覚め
江東の孫権は兄・孫策の死後、勢力を受け継ぐ。だが、その戦力は中原に及ぶものではなかった。劉備も未だ領地を持たず、荊州の劉表を頼っていた。志はあれど、何も為せずに焦る劉備。だが、与えられた新野の地に、運命の出会いが待ち受けていた。
関羽、関平、周倉の決意

●第六章:208年・赤壁大戦
長江のほとりを埋め尽くす曹操の大軍勢。かつて見ぬ強敵を前に、孫呉は降伏か交戦かで揺れていた。一方、荊州を追われた劉備は、臥龍と称えられる諸葛亮を得る。この切迫した状況に、天才軍師が導き出す答えとは……。諸葛亮の策が、曹操、孫権、劉備の行く末を変えようとしていた。
赤壁で敗れた曹操を追う関羽
天下三分の計

●第七章:208年・三国鼎立
曹操は天下を目前にしながら、南進を諦め、許昌へと撤退。態勢の立て直しを迫られる。今こそが曹操一強の情勢を崩す好機。孫権は江東からの領土拡大に向け、動き出そうとしていた。そして、劉備の軍師・諸葛亮も、この機を逃すはずがない。劉備を一国の主とするため、静かに行動を開始する。

●第八章:215年・三国鳴動
劉備は、荊州を足掛かりに劉璋治める巴蜀の地へと遠征。悲願であった自らの国をついに得た。北の曹操、東の孫権、西の劉備。ここに、魏、呉、蜀、三国鼎立の世が訪れる。この均衡を崩すべく、魏は張魯の治める漢中を奪う。呉はその隙を突き、合肥に進軍。さらに蜀は夏侯淵、張郃らが守る漢中に攻め入る。曹操は自ら漢中に赴き、蜀の攻勢を食い止めようとするのだった。

●第九章:219年・荊州激闘
荊州を守る関羽は劉備勝利の報を受け、魏を討つべく進軍を開始。狙いを樊城に定める。だが、それこそが曹操の狙いだった。関羽をあぶり出し、討ち果たせば三国の均衡は崩れる。すべては、関羽討伐を確実なものにするため。曹操は荊州奪還を悲願とする孫権に協力を要請するのだった。
再び同盟を組む蜀と呉

●第十章:222年・覇道と王道の先
呉蜀の同盟は決裂し、孫劉による対魏の構えも崩れ去った。一方、この情勢の変化を見届けた曹操は、静かに息を引き取る。息子・曹丕に、その覇道を託して。三国鼎立の世は、新たな局面を迎えようとしていた。

◆スクリーンショット














◆映像
■PS4『真・三國無双8』プロモーションムービー
YouTube:https://youtu.be/5uuj26lFUrk

■『真・三國無双8』日本語版実機プレイ(開発中ver.)
YouTube:https://youtu.be/KDCPdWX-hhA

■PS4『真・三國無双8』プロモーションムービー第2弾
YouTube:https://youtu.be/as1iB6SQJLM

◆製品概要
・発売日:未定
・プラットフォーム:PS4
・希望小売価格:未定
・CERO:審査予定
・ゲームジャンル:タクティカルアクション

◆関連リンク
■『真・三國無双8』公式サイト
URL:https://www.gamecity.ne.jp/smusou8/

◆関連記事
■2016年12月19日
『真・三國無双8』発表! オープンワールドを採用し、ゲームシステムを大幅に変更

■2017年5月11日
『真・三國無双8』公式サイト公開―オープンワールド等の新要素が確認できるスクショが多数到着!

■2017年6月22日
PS4『真・三國無双8』PV公開―ダイナミックなオープンワールドで一騎当千!

■2017年7月7日
オープンワールド『真・三國無双8』攻略方法によって戦況が変化するシステムが紹介!

■2017年8月7日
『真・三國無双8』ゲームプレイ映像―オープンワールド・スニーキング・新アクションを確認!

■2017年8月11日
『真・三國無双8』新武将、泰然自若の戦術家「荀攸(じゅんゆう)」が参戦、美麗なイベントCGも到着!

■2017年8月25日
『真・三國無双8』「周瑜」「張郃」「司馬師」「馬岱」の参戦と新衣装となるキャラクタービジュアルを発表!

■2017年8月25日
『真・三國無双』郭嘉役の三宅淳一氏が最新作『8』を降板―病気の治療のため

※本記事は正式発表や新しい情報が見つかり次第、随時アップデートする予定です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved

関連記事

インサイドの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索