ニンテンドースイッチ対応ソフト『ポケットモンスター ソード・シールド』の世界を舞台にした新作アニメ「薄明の翼(はくめいのつばさ)」に関して、その第1話がポケモン公式YouTubeチャンネルで公開されました。

ゲームをプレイ済みの方が「おっ!!」と思えるシーンや、「え?なんでこの人が出ているの!?」と驚くシーンなど、約6分の放送時間でも見どころ満載だった第1話に関して、その注目ポイントをご紹介します。

◆ローズとオリーヴが喋る!

ガラルポケモンリーグの委員長・ローズとその秘書・オリーヴには、第1話からボイスが収録。ローズは山路和弘さん、オリーヴは長尾歩さんが担当しています。

◆チャンピオンタイムを楽しめ!

0:26〜のシーンでは、テレビの中でチャンピオン・ダンデが「リザードンポーズ」を披露。対戦相手のサイトウに「チャンピオンタイムを楽しめ!」と言っているのかもしれません。

◆ゲームの主要人物たちもチラッと登場!

ローズ、オリーヴ、ダンデをはじめ、ライバル・ホップ、ジムリーダー・ヤロー、ルリナ、サイトウ、オニオンなど、ゲームでも登場した主要人物たちがチラッと登場。もちろん動きます!

◆シュートシティにサトシ&ピカチュウらしき人物が!

1:11〜のローズたちがシュートスタジアムを出るシーンに、アニメ版『ポケットモンスター』シリーズの主人公・サトシ&ピカチュウらしき人物が登場しています(アーマーガアの右隣)。

次のページ:病院にいるのは“意味深”なポケモンばかり?ローズの“意味深”な発言にも注目!

◆ダンデ好きが伝わるジョンの病室

ダンデの大ファンなだけあって、ジョンの病室には沢山のダンデポスターが飾られています。ポケモングッズもダンデのエース・リザードン系がメインに。



ダンデポスターの一部には、ガラル地方の企業広告となっているものも見られます。エンジンシティに掲載されているポケモンフーズの名前など、ゲーム内との繋がりが感じられますね。

◆病院には意味深なイーブイ、トゲピー、ゴチルゼルが!お仕事を手伝うサーナイトとキテルグマも可愛い!


ジョンの入院する病院内には、第1話で5匹のポケモンが登場しました。病人には縁起が良い“可能性を秘めるポケモン”のイーブイ、“優しくされると幸運を分け与える”トゲピーや、気付けば少しゾッとなる“寿命が見える”ゴチルゼルが病院にいるのは、何か意味があるのかもしれません。



その剛腕から“非常に危険なポケモン”とまで言われるキテルグマが、力加減を覚えて病院で仕事をしているのもポイント。3:03〜のシーンでは、ジョンが走り去るのを止まって待っているようにも見えます。トレーナー想いのサーナイトも、病院での仕事は適役ですね。

◆「これ・・・よく似てますよね?」はダブルミーニング?

ジョンの手紙に描かれたダンデを見て、「これ・・・よく似てますよね?」と言うローズ。一見すれば“ダンデの絵が本物に似ている”と解釈できますが、直前にアーマーガアとじゃれるジョンをダンデと重ね合わせたり、ドライバーに絵を見せる時も目線はジョンを見ていました。

この言葉には、“ポケモントレーナーとして、ジョンがダンデに似ている”という意味も含まれているのかもしれません。

◆第2話以降では、ジムリーダーたちの悩みも描かれる?

第1話の公開に伴い、ストーリーのあらすじやキャスト情報が公式サイトに掲載されました。本作は各話で主人公が入れ替わるオムニバス形式らしく、“ジムリーダーたちの隠された苦悩”なども描かれるようです。

キャスト情報には、櫻井孝宏さん、喜多村英梨さん、雨宮天さんなどの名前も記載されていますので、誰がどのキャラクターを担当するか予想するのも面白いでしょう。

■「薄明の翼」公式サイト
https://www.pokemon.co.jp/ex/hakumei_no_tsubasa/