バンダイナムコエンターテインメントは、2020年発売予定のPS4/ニンテンドースイッチ対応ソフト『デジモンサヴァイブ』に関して、ゲーム最新情報を公開しました。

本作は、人気IP『デジモン』シリーズの最新作です。異世界に迷い込んだ少年・少女たちが元いた世界に帰るため、モンスターと共に極限状態を生き抜いていくサバイバル・シミュレーションRPGとなっており、冒険中に行う選択が育成モンスターの進化を決め、物語に変化を与えます。

今回は、新たな仲間「加山シュウジ」とその相棒になるモンスター「ロップモン」が公開。さらに、プレイヤーに新しい発見を与える「スマホ(デジタルデヴァイス)」についても紹介されています。

◆キャラクター紹介
■頼れるリーダー?:加山シュウジ(CV. 広瀬裕也)
課外キャンプの手伝いとして参加した高校生1年生。優しく穏やかな好人物であり大人や周囲からの信頼は厚い。タクマたちからも頼れるリーダーという印象であったが、自分の常識の通用しない異世界に迷い込んだことで、意気込みばかりが先行して行動力が伴わず、責任を他者や環境のせいにしてしまう弱い面が露見していく…。






■シュウジの相棒:ロップモン(CV. 大空直美)
頭部に3本角を生やした獣系のモンスターだが、その生態系は謎に包まれている。無邪気で幼い性格なため、それが怠惰に見えるシュウジからは疎まれ、それを寂しく思っている。







◆物語:現実と異世界のギャップに苦しむ、秀才に降りかかる試練

優しく穏やかな好人物であり、大人からの信頼は厚く、集団の中でリーダーシップを取ることが多いシュウジだが、それは、厳格な父親の教育方針や優秀な兄の存在がプレッシャーとなり、「自分も人よりも優れていなければいけない」という強い思い込みから生まれた結果であった。


そのプレッシャーから一時でも解放されようと、シュウジは課外キャンプに手伝いとして参加した。しかし、突如迷い込んでしまった異世界では、自分の常識が通じず、そんな中でもリーダーシップを発揮しようと躍起になるが…

危険な世界で、シュウジは自分の弱さと向き合うことになる…

◆ゲームシステム:スマホ(デジタルデヴァイス)の「カメラ」で異世界を撮影!

異世界に迷い込んだ少年達は、まだそこがどれだけ危険な場所とも知れず、その幻想的な景観をスマホ(デジタルデヴァイス)のカメラにおさめようと写真や動画を取り出す。緊張感の無さに呆れながらもタクマもカメラを構えるが、画面の中にノイズが走っている事に気が付き驚く。


人の目に見えない何かがこの世界には存在している。そこに存在しても人の目では意識できないモノ。それが電子機器を通じることで認知が可能となる!探索の途中で怪しい場所を スマホのカメラで撮影する事で、新しい発見がある場合があります。探索を攻略する鍵や隠れたモンスター、又はモンスターを強くするアイテムなど見つかるものは様々あります。

スマホ(デジタルデヴァイス)を通じて異世界を認知する!


『デジモンサヴァイブ』は、2020年発売予定。価格は未定です。

(C)本郷あきよし・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.