『バイオハザード RE:3』の体験版が2020年3月19日より配信開始となりました。このデモでは、ジルがカルロスたちと合流し地下鉄の電源を復旧させるため行動するシーンを体験できます。

前作となる『バイオハザード RE:2』も評価が高かっただけに、同様のリメイクとなる本作もかなり期待されていることでしょう。体験版の範囲でもいろいろ気になるところがあったので、10項目でチェックしていきます。

◆ポスターに発売日が書かれている
最初の地下鉄を出たところには『バイオハザード RE:3』のポスターが掲載されています。発売日までしっかり書かれているうえ、2種類も用意されているというこだわりぶり。おそらく体験版でしか見られないポスターでしょう。

◆小物の作り込みもすごい
前述のポスターはもちろん、売店で売られている雑誌や食べ物など細かいところもかなりしっかり作られているようです。

◆ガンパウダーはだいぶわかりやすい形式に
本作のガンパウダーはかなりシンプルな作りになっているようです。原作はガンパウダーのみならずリロードツールというアイテムが必須で、さらにガンパウダー自体にA・B・Cといった種類があるうえサイズ違いまでありました。ややこしかったので簡略化は嬉しいところ。

◆倒されまくるとアサルトライフルが使える
体験版で何度も倒されると難易度「ASSISTED」を選択できるようになります。簡単になるだけでなくアサルトライフルも追加されるので、一度は試してみるといいかも。

◆カルロスがカッコよすぎる!
原作ではちょっとお調子者なカルロスでしたが、リメイクではかなり頼れるイケメンになっています。もはや別人かも。

◆緊急回避はかなり使える!
R1とスティック入力でステップを行うことができ、タイミングよく入力すれば敵の攻撃を回避することができます。狭い場所でも使えるうえ入力猶予もそこまで厳しくなく、かなり便利です。

ただし、正面からぶつかりに行くとうまく回避できなかったりすることも。また、単純に無敵が発動しないステップも回避に利用できたりします。

◆追跡者は胸の装置が弱点?
追跡者は胸になんらかの装置をつけており、そこを撃つと手でガードするようになります。弱点かと思われますので、積極的に狙うといいでしょう。

◆追跡者は倒せないもののノックダウン状態にはできる
追跡者は一度まいても大きなジャンプで飛んできてジルを追い詰めます。ある程度のダメージを与えればノックダウンさせることはできるので、戦うか避けるかの判断が大事なのは原作と同じようです。

◆爆発のみならず電気も罠に使える
道中に落ちている機械を撃つと、電気が発生して周囲一帯にダメージを与えることができるようです。見逃しがちですが知っていると有利に。

◆クリア後の映像も注目
体験版クリア後の映像にはさまざまな人物が登場しますが、『バイオハザード RE:2』に登場したロバート・ケンドなども確認できます。どんな内容になるのか、想像が膨らみますね。