今回のどうぶつの森のマイデザインは、ドットがなめらかに表現されるので扱いが難しい!近似色に吸い寄せられる傾向があるので、似てるけど違う色を置くと区別化出来るよ。画像は同じデザインの隙間に、白と透明を置いています。#どうぶつの森 #AnimalCrossing #ACNH #NintendoSwitch #マイデザイン pic.twitter.com/rNq7Xp1V5O— 澤田圭(キャラクターデザイナー) (@keisawada) March 22, 2020
キャラクターデザインを中心に手がけているデザイナーの澤田圭氏が、ニンテンドースイッチソフト『あつまれ どうぶつの森』の「マイデザイン」に関するテクニックを披露し、多くの方から関心を集めています。

マイデザインは、『あつまれ どうぶつの森』に用意されたコンテンツのひとつです。マス目を埋めるように色を配置することで、自由なデザインを制作可能。作り上げたデザインで服や家具を彩れるため、自分好みのデザインに囲まれた暮らしを満喫できます。

ですがこのマイデザインは、マス目の間を自動的に補正する機能があり、予想と異なる仕上がりになるケースも。この点について、澤田氏が自身のTwitterアカウントにて言及。「ドットがなめらかに表現されるので扱いが難しい!」とコメントしつつ、その打開策を提案しています。

「近似色に吸い寄せられる傾向があるので、似てるけど違う色を置くと区別化出来る」と解説し、実際の例となる画像も公開。デザイン自体は同一ながらも、空白部分に「白」や「透明」を置いた4つのバージョンを描いており、それぞれがどのように補正されたのかが一目で分かります。

このツイートへの関心度は非常に高く、リツイートは1.1万件、「いいね」の数は2.5万に届くほど(3月23日 19:30分時点)。こういったテクニックは、『あつまれ どうぶつの森』のプレイを更に楽しくしてくれることでしょう。