結婚するなら料理美人:生活力の象徴/純丘曜彰 教授博士

 ただの遊び友だちとしての彼女ならともかく、結婚するなら、料理美人。つきあって数ヶ月にもなって、一度も手料理を出さないとなると、かなり怪しい。きっと本人だって馬脚を出してしまうのがわかっているから、出さないのだろう。見かけがどうであれ、そんな女、生活力が無い。とっとと見切った方がいい。

 そう、料理は、生活力の象徴だ。人生のマネジメントのすべてが集約されている。豪華な食材を新規に買い込まないと作れない、などと言うのなら、先々、きみにはとうてい養えない。ありあわせのもので、おいしく作れてこそ、料理の腕、やりくり上手というもの。

 なんにも作れない、などと臆面も無く言うのなら、おサトが知れる。いまどき小学校でも男も女も無くクッキングを教えるのに、二十年以上も生きてきて、自分の食べるものの料理もできないとなると、家でよほど甘やかされっぱなしで、本人も、親も、親子離れができていないのだろう。そんなガキと関わり合ったら、きみが親代わりにされ、一生、スネをかじられ続けるだけ。

 いや、料理以前に、ちょっと冷蔵庫の中を覗き見るだけでもわかる。ロクなものが入っていないなら、将来に備えた貯金も無いだろう。そもそも、独り立ちする、いっしょにやっていく心構えも無い。困ったらコンビニがあるから、なんて言うのなら、そういうやつは、かんたんにサラ金に手を出す。止めておけ。

逆に、冷蔵庫がぎっしり、というのも、考えもの。いらないものまで、なんでも買い込むタイプ。無駄遣い、衝動買いの化け物。そして、買ったら忘れて、干からびても、ほったらかし。ほったらかしにされるのは、まさに、きみ。なにがあるのか、どれを先に使わないといけないのか。それは、在庫管理、資産運用と同じ。それができないやつを嫁にするのは、腐った生ゴミをしょいこむようなもの。

 味付けがバカなのは、微妙。場数を踏んでいない、でも努力と見栄はあるのかもしれない。しばらく我慢さえすれば、まともになるかも。しかし、根っからの味バカもいる。ものごとの加減を知らない。なんでもやりすぎる。総量から素材を逆算することができず、作っていくうちに、あれこれ足していくから、どんとん総量が増えていく。結果も収拾がつかない。そして、その後始末をするのは、きみ。同じ料理、それもバカ味のものを、数週間にわたって食べさせられる。料理にかぎらない。うんざりするような毎日が待っているぞ。

 オリジナリティを追求したがるのは、かなり厄介。まともなレシピもこなせないくせに、それを意に介さず、独創料理だ、とか言って、コーヒーだの、コーラだの、わけのわからないものをデタラメに混ぜ込み、自慢げにひとに食わせる。そして、それは、ぜったい絶望的に、まずい。こういうオレ様は、人間や文化の歴史に対する敬意が無い。過去の多くの人々がいろいろ試して、鶏肉にネギ、豚肉にショウガ、というところで落ち着いてきたのだ。こういう決まりを平然と無視して勝手なことに自信を持つやつは、実家でも揉める。近所ともトラブルを起こす。そして、その板挟みになるのは、これまた、きみ。

 料理にやたら時間がかかるのも、いらつくだけ。ようするに、段取りが悪い。というより、全体の構成が見えていない。ふつうは、お湯を沸かしている間に、下ごしらえ。煮ている間に、酢の物、香の物、その他。そして、暖かいものは暖かく、冷たいものは冷たく、最後が同時になるように出す。ところが、ダメなやつは、単線でしか作業ができない。あいだで、ぼーっと湯の沸くのを待っていたりする。温め直し、焼き直しの繰り返しで、肉も魚もボロボロ。そして、なにしろ、結局、永遠に、なにも出来上がらない。

 後始末も見どころ。どんな派手で立派な料理も、惨憺たる犠牲を残したままでは、台無し。式だ、新居だ、出産だ、と、やたら準備に口うるさいくせに、その後、なにもかも放り出しっぱなしで遊び歩くような予兆は、食事の後の片付けでわかる。自分で始末できないほど手を広げたがるバカのツケを払うのは、やはり、きみ。

 こんなヨタ記事を読んで、そうそう、うんうん、言っている男も考えもの。本人が時代錯誤の亭主関白、というだけなら、ヘタに台所に手を出されるよりマシ、と思うかも知れない。だが、義実家で苦労するぞ。そんなバカ男を容認してきたのは、先方の両親。そこに嫁が来れば、ぜんぶ嫁がやるのが当然、とばかりに、料理はもちろん洗濯、掃除、はては介護まで、なにもかも押しつけてくるぞ。

 生きることは、食うことだ。ひとに食わしてもらわなければ生きていけない、というのでは、家畜も同然。自分で料理してこそ、一人前の人間。とはいえ、予算は限られている。買い物も、運良くなんでもうまく希望通りに手に入れられるわけじゃない。そうでなくても、食材には季節がある。どうにか集められたもので、与えられた時間内に、どんな料理を考えるか。それは、自分たちで努力工夫して、幸せな人生を作るのと同じ。


by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka. 大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。近書に『アマテラスの黄金』などがある。)

関連記事

おすすめ情報

INSIGHT NOW!の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

仕事術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

仕事術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索