株式会社バッファローは、メッシュWi-Fi対応のデュアルバンドWi-Fiルーターにセキュリティ機能を搭載した「WRM-D2133HS」を2月上旬に発売する。市場想定価格(税込)は2万円前後。

 同社のメッシュWi-Fiブランド「AirStation connect」シリーズの新製品として発売するもの。ルーター1台では電波の死角がある環境で、複数台を組み合わせて、家中どこでも電波が届くWi-Fi環境を構築できる。

 WRM-D2133HSは、既発売のIEEE 802.11ac/n/a/g/b対応Wi-Fiルーター「WRM-D2133HP」に、株式会社デジオンが機器組み込み向けに提供しているセキュリティ機能「ネット脅威ブロッカーPremium」を搭載した製品となる。

 最大転送速度1733Mbps(IEEE 802.11ac接続時)の5GHz帯と、同400Mbps(IEEE 802.11n接続時)のデュアルバンドに対応。アンテナは5GHz帯用に2本、5GHz/2.4GHz帯共用に2本をいずれも内蔵する。また、ビームフォーミングにも対応する。

 単体では10〜15台の子機を接続可能とするほか、ルーター単体では2LDK(60㎡)まで、中継器1台追加時には3LDK(90㎡)まで、中継器2台では4LDK(120㎡)までを目安に、環境に合った選択ができるようになるという。

 本体上面には3つのLEDとAOSSボタン、背面にはギガビット対応のWAN×1ポート、LAN×3ポートを装備。本体サイズは90×125×175mm(幅×奥行×高さ)、重量約745g。■1年間無料のセキュリティ機能「ネット脅威ブロッカーPremium」

 ネット脅威ブロッカーPremiumは、Kaspersky提供のセキュリティ脅威情報を用いたデジオンのネットワーク機器向けセキュリティ組み込みサービス「DiXiM Security Powered by Kaspersky」を採用したもの。製品には1年間の無料ライセンスが付属し、以降は1年2980円、2年4980円、3年5980円(いずれも税込)で、ライセンスの更新が可能。

 ネット脅威ブロッカーには、ウイルスへの感染や不正な通信が疑われる機器の通信を遮断する「情報漏洩ブロック」、外部からのアクセスポートを開放するUPnPへのポート開放要求を監視し、侵入の危険性を持つものを遮断する「危険UPnPブロック」、フィッシングなどのネット詐欺や、ウイルスなどが仕込まれた悪意あるウェブサイトへのアクセスを遮断する「悪意サイトブロック」、端末ごとにインターネット利用時間を制限できる「キッズタイマー」の各機能を搭載。

 本製品搭載のネット脅威ブロッカーPremium版は、さらに、機器やサイトカテゴリーごとにブロックが可能な「コンテンツフィルターPlus」、ルーターへの機器接続やサイトブロックを通知する「プッシュ通知」、外出先からWi-Fiルーターの設定が行える「リモートアクセス」、通信量の統計をグラフでチェックできる「利用時間統計」の機能を搭載する。