ネットワークカメラ「ATOM Cam」の開発を手掛けるアトムテックジャパン株式会社は、1月中旬から開始したATOM Camのクラウドファンディングのプロジェクト達成時に行う追加開発の内容を明らかにした。

 ATOM Camは、クラウドファンディングサイト「Ready for」で2月28日まで1980円で募集を受け付けているネットワークカメラ。スマートフォンアプリからのみ映像を閲覧できる仕様となっていたが、PCやMacからのアクセスに対応する開発が追加で行われる。

 さらに動画の保存先としてNAS、Google Drive、Dropboxを選択可能になる。また、ONVIF(Open Network Video Interface Forum)やApple Homekitへの対応も行われるという。

 ATOM Camのクラウドファンディングは2月28日23時までとなっているが、2月14日現在で634万6500円と、目標金額である1千万円の63%を達成している状況だ。