延期が決まった東京オリンピックについて、Twitterユーザーが延期を想定したパロディロゴを作って発表したところ、一言言いたい方々の総ツッコミに遭うという出来事があった。

 これは小崎(@OsamuKosaki)さんがTwitterで発表したもので、「TOKYO 2020」の末尾の「0」に取り消し線を引いて訂正印を押し「1」を書き足すという、日本らしさにあふれたパロディ画像。右上には総理と都知事の捺印欄も用意されるなどクスリと笑える一品だったのだが、ガチ勢から見ると一言ツッコミたい要素が満載だったようで、リプ欄には都知事の印は総理寄りに傾けたほうがいいとか、二重線を引くのは「2020」全体であるべきとか、捨印がないといった、助言ともクソリプともつかない提言であふれるなど、若干気の毒な様相を呈している。ちなみに今回の東京オリンピックのロゴマークは、延期によって年が変わった場合もそのまま継続利用されると、都知事がすでに表明している。該当のツイート(Twitter)

https://twitter.com/OsamuKosaki/status/1242384853670096897名称変えず「東京2020」小池知事さらり衝撃発言 - 東京オリンピック2020(日刊スポーツ)

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202003240000898.html