注目の格安スマホBLU、スパイウエア混入報道に「誤報」と反論―アマゾンは販売中止

BLUのスマートフォン

BLUのスマートフォン



「スパイウエア混入」のうわさが広がっている格安Androidスマートフォンのメーカー、BLU Products(ブループロダクツ、BLU)が、米国、日本向けに相次いで反論を公開した。

BLUは、2010年に設立した米国の企業。世界各国で低価格の機種を展開し、米国ではAmazon.comと組んで広告付きわずか50ドル(5,500円相当)の製品を出すなど、誰でも手軽に買えるとして人気があった。

生産は中国の工場に委託していて、2016年には搭載する他社製アプリケーションの一部が米国で同意なく個人情報を収集し、中国に送信する「スパイウエア」として問題になり、修正対応に追われるなどの一件もあった。

その後スパイウエア問題はいったん沈静化したかに見えたが、米国のITニュースサイト「CNET」などが2017年7月、依然として懸念があると報道して再燃した。これを受けてか、8月4日時点では、主要な販路の1つである米国のAmazon.comおよび、最近ソフトバンクグループを代理店として取り扱いが始まった日本のAmazon.co.jpでは販売中止の状態となっている。並行輸入品などの情報が残るのみだ。

一方、BLUでは公式サイトなどに反論を掲載している。

まず日本向けの「GRAND M」と「GRAND X LTE」はスパイウエアとして問題となったアプリ、「Adups OTA」は使っておらず、代わりに「Google Over the Air(GOTA)」を採用。さらに「Mediatek logger v4.2.0」以降はGoogleによって承認を受けており、脆弱性もMediatekとGoogleにより解消している。現在行っているデータ収集は世界中のスマートフォンメーカーと同じ標準的な機能との考え。

スパイウエアを疑う記事については「誤った情報」、つまり誤報と主張しており、BLU製品にスパイウエアやマルウエアや、そのほかシークレットソフトウエアなどは全く存在しないとして、不正確な報道に対しては修正を求めているという。


関連記事

おすすめ情報

インターネットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索