ソフトトップも買える!−マツダによる初代「ロードスター」のレストアサービス

マツダによる初代「ロードスター」のレストアサービス

マツダによる初代「ロードスター」のレストアサービス



マツダは、初代「ロードスター」(NA型)を対象としたレストアサービスの開始について発表した。

レストアサービスは、レストア事業とパーツ再供給の二つからなるサービス。ユーザーが永くロードスターに乗り続けるための環境作りを目的としているという。

レストア事業は、顧客の「ロードスター」をマツダが預かり、オリジナルに近い状態にクルマをリフレッシュするもの。2017年内に受付を開始し、2018年初頭よりサービスを始める予定。

パーツ再供給は、現在供給終了となっている初代「ロードスター」の一部パーツを復刻するもの。2018年初頭より販売を開始する。

パーツはオリジナル状態にこだわり、初代「ロードスター」発表当時を彷彿とさせるビニール生地のソフトトップやデザインを再現する。また、ブリヂストン製タイヤSF325(185/60R14)、NARDI製ウッドステアリング/シフトノブを現在の技術で復刻するという。

詳細についてはマツダ公式Webサイトの「初代ロードスターレストアサービス」ページを参照されたい。


関連記事

おすすめ情報

インターネットコムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索