リコーでは、ワンショットで360度の写真や動画を撮影できるカメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」のエントリー機種「RICOH THETA SC2」のビジネス向けモデルとして、「RICOH THETA SC2 for Business」を3月中旬に発売する。

ビジネス向けモデル専用のグレーの本体色に、室内、車内の撮影に適したHDR撮影の設定で撮影ができるプリセット「Room」を搭載している。Room利用時にはフロントレンズとリアレンズで時間差(Time Shift)をつけて撮影するセルフタイマー機能が使える。室内撮影が多い不動産業や、車内撮影が多い自動車販売業などに役立つ。

家庭向けの「RICOH THETA SC2」と同様に、約1400万画素に相当する360度の全天球写真と、4K(3,840×1,920ドット)相当、30fps(フレーム/秒)の滑らかで臨場感あふれる全天球動画撮影に対応する。

また本体下部の状態表示OLED(有機ELディスプレイ)により、設定モードや電池残量などの各種情報が一目で確認でき、セルフタイマーモードへの切り替えボタンにより、カメラ単体での操作がしやすくなっている。

なおRICOH THETA SC2に搭載している「顔モード」「夜景モード」「車窓モード」は、RICOH THETA SC2 for Businessには搭載していない。オープン価格だが、店頭実勢は3万9,800円(税込)。