自宅にいる人同士で合奏が楽しめるオンライン遠隔合奏サービス「SYNCROOM(シンクルーム)」を、ヤマハが6月ごろをめどに公開する。

インターネット回線につながった自宅などのPCにアプリケーションを導入し、利用者として登録を行うと、遠く隔たった場所にいるほかの利用者とリアルタイムに演奏を共有でき、合奏に適したさまざまな機能を利用できる。1つのオンラインセッションにつき、最大で5か所の拠点から参加することが可能。

一般のIP電話や遠隔会議システムは通話や会議を想定して設計してある。利用中に一定の音声の遅れが生じることもあり、互いの音を同時に聞きながら合奏するのは難しい。

これに対しシンクルームでは、ネット回線を介した音声データの双方向送受信の遅れを極力小さくする独自技術「NETDUETTO」を使い、遠隔地間でも違和感をほとんど感じずオンラインセッションを楽しめるようにした。

なお、ヤマハはすでにほぼ同等の機能を持つベータ版サービス「NETDUETTO β2」を無償公開中。公式サイトでWindows、macOS版アプリをダウンロードできる。

新型コロナウイルスの感染拡大により多くの活動が制限を受けるなか、自宅などから安心して合奏を楽しむ一助となることを目指した取り組み。正式版であるシンクルームの詳細や具体的な公開日については公式サイトなどを通じあらためて明らかにするとしている。