【三重郡】同僚女性を川に突き落とし、殺害したとして、四日市北署は11日、殺人の疑いで、三重県朝日町向陽台一丁目、会社員加藤淳也容疑者(42)を逮捕した。「間違いない」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は7日午前0時ごろから翌8日午前11時ごろまでの間に、川越町の員弁川河口付近で、桑名市和泉の会社員宇田仁美さん(29)を川に突き落として溺れさせ、殺害した疑い。

 県警捜査一課によると、同日午前11時ごろ、近くの火力発電所の作業員が周辺の海に浮いている宇田さんの遺体を発見した。遺体に目立った傷はなく、司法解剖で死因が溺死と判明。県警が経緯を調べていたところ、10日正午前に加藤容疑者が同署に「人を殺しました」と自首した。

 員弁川沿いの堤防道路では、宇田さんの軽乗用車が見つかっており、加藤容疑者は「宇田さんの車で(現場に)来た」と話しているという。2人は桑名市内の会社に勤める同僚。県警は何らかのトラブルがあったとみて動機や経緯を調べている。