三重県内12市町を4月8、9両日に巡る東京五輪の聖火リレーで、県実行委員会は13日、各区間の出発予定時刻と到着予定時刻を公表した。県実行委は「時刻を目安に応援に参加してほしい」と呼び掛けている。

 初日の8日は、スタート地点の四日市公害と環境未来館前(四日市市)を午前9時15分に出発。6市をランナー99人が走り、ゴールの県営総合競技場(伊勢市)には午後7時25分に到着する。

 2日目の9日は伊賀上野城(伊賀市)を午前9時15分に出発。6市町をランナー85人がつなぎ、ゴールの山崎運動公園(熊野市)には午後6時46分に到着する。2日間の総走行時間は約9時間20分。

 ランナーは国道1号や国道23号など大通りを通過する予定で、聖火リレーが県内を巡る2日間はいずれも平日。県実行委は「交通規制などで不便をかける時間帯として理解してほしい」としている。