三重県は24日、感染が広がる新型コロナウイルスに関する情報を提供するための公式アカウント「三重県―新型コロナ対策パーソナルサポート」を、無料通信アプリ「LINE」に開設した。

 質問に対してAI(人工知能)が自動的に回答する「チャットボット」と呼ばれるシステムを導入。新型コロナウイルスの解説や効果的な予防法、感染が疑われる場合の対応などが表示される。

 登録に当たって体調や年齢、病歴を入力すると、感染のリスクに応じて対策の方法や相談先などが表示される。登録時に体調の異常がなくても変化があれば再び入力して対応を尋ねることもできる。

 LINEの運営会社が社会貢献事業として協力しているため、開設の費用は掛かっていない。新型コロナウイルスに関する同様のアカウントは、神奈川県や愛知県など1府3県が既に開設している。

 少なくとも1年間は開設する予定。担当者は「体調に不安があっても電話での相談をためらう人もいると思う。まずは公式アカウントに登録し、積極的に活用してもらいたい」と話している。

 スマートフォンで専用のQRコードを読み取り、表示されたアカウントを登録する。登録に関する問い合わせは、新型コロナウイルス感染症対策チーム=電話=059(224)2352=へ。