今年の春にスタートする次世代の高速通信5G。15日、金沢市内では通信大手・KDDIによる5Gを使ったデモンストレーションがありました。

 KDDIが社員とマスコミ向けに開いたイベント。テーマは次世代の高速通信「5G」と「IoT」です。

 モノとインターネットをつなぐIoT。災害時、ドローンを使って空中から携帯電話の数を把握し、被害者の救出につなげるといった最先端の研究成果が報告されました。

 そして、5Gの分野では…。

(リポート)
「自分の好きなアングルから映像を楽しむことができます」

担当者:
「これがKDDIで研究した自由視点映像というものです。複数のカメラの映像からカメラのない部分を合成する技術となります」

 次世代の高速通信5Gの通信速度は4Gの20倍。AI、そしてIoTに活用することで私たちの生活が大きく変化すると言われています。

担当者:
「なめらかな映像やスタジアムでの大勢での視聴ができることが5Gには期待されています。スポーツの観戦を5Gでさらに楽しいものにしてもらえればと思います」

 KDDIでは今年度中に5Gのサービスを開始する予定です。