批判覚悟の「ピエール瀧出演作」公開を好感? 東映の株価、社長の心配に反し上昇

批判覚悟の「ピエール瀧出演作」公開を好感? 東映の株価、社長の心配に反し上昇

 3月20日の東京株式市場で、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」の公開を決めた東映(東証1部)が上昇。前日終値比190円高(+1.3%)となる1万5000円で取引を終えた。

 昨今は「出演者が罪を犯すと、映画はお蔵入りになる」という“自粛ムード”が根強いが、東映は「作品に罪はない」という考えに基づいて公開を決めたという。

 ただ、世間から批判を浴びる可能性は否定できないため、東映の多田憲之社長は20日に開いた会見で「少々株価が落ちるかな」と危惧していた。

 だが多田社長の予想に反し、同作品の公開決定が伝わった午前10時前後から株価は上昇。午後の取引開始時にやや下げる場面はあったが、その後は右肩上がりに推移した。

 ネット上には東映の方針に否定的な意見もみられるが、「忖度(そんたく)しすぎの世の中に一石を投じた」などと高評価する声も多く挙がっている。市場も、同社の批判覚悟の決断を好感したといえそうだ。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索