都道府県別の平均年収ランキング、トップは?

都道府県別の平均年収ランキング、トップは?

 国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、平成29年分の平均年収は432万円。ただ、都道府県によって最低賃金や物価にも差があるように、地域によって平均収入も違ってくるはず。企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」の給与明細投稿をベースに、都道府県別に平均年収を調べたところ、どのような違いが出たのだろうか。

 2015年4月1日〜18年3月31日に投稿された年収を調べてみると、トップは「東京都」で474万円。2位は「神奈川県」で442万円、以下「大阪府」(438万円)、「愛知県」(428万円)、「静岡県」(413万円)と続いた。

 1位が「東京都」だった結果を受け、キャリコネを運営するグローバルウェイは「『東京都」は言うまでもなく、国内大手企業の本社や外資系企業の日本支社、日本法人などが多く所在する大都会。また、総務省が公表している2017年度の物価指数においても、住宅を中心に国内トップの水準にあります。2位を30万円以上引き離した今回のランキング結果は、ある意味当然のことと言えるでしょう」とコメントした。

 6位は「京都府」(411万円)、以下「兵庫県」(407万円)、「長野県」(401万円)、「三重県」「埼玉県」(いずれも392万円)と続いた。一方、平均年収が低かったのはどこか。47位は「秋田県」で290万円。47都道府県で、唯一200万円台という結果に。46位は「島根県」(300万円)、「鹿児島県」(310万円)、「鳥取県」(315万円)だった。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索