カメラ売り場をどかして酒の試飲カウンターを設置したビックカメラの狙い

カメラ売り場をどかして酒の試飲カウンターを設置したビックカメラの狙い

 ビックカメラの酒売り場に試飲カウンターがじわりと増えている。2012年9月にオープンした「ビックロ ビックカメラ新宿東口店」(東京・新宿)に初めて設置した。現在は、7店舗にまで拡大している(11月11日現在)。11月8日にオープンした「ビックカメラ 所沢駅店」にも試飲カウンターがある。他店で展開している試飲カウンターが好評なので、フロア中央に据えてある。

 「ビックカメラ新宿西口店」は19年2月に店舗を改装した際、店の“顔”となる場所にあったカメラ売り場を別のフロアに移し、お酒売り場にした。そして、店内には多くのお客でにぎわう試飲カウンターがある。ビックカメラの狙いはどこにあるのか。実際にお店に行ってみた。

●休日には300人以上が利用する

 ビックカメラ新宿西口店はショッピングセンター「新宿西口ハルク」内の2〜7階で営業している。かつてカメラを販売していた2階の売り場面積は800平方メートル近くあり、約9000種類の酒やつまみが置いてある。ここまで大規模な酒売り場は、「ビックカメラ 藤沢店」(神奈川県藤沢市)くらいしかない。

 10月の平日に新宿西口店を訪問してみた。店の中央には試飲カウンターがあり、午後3時にもかかわらず6人のお客が試飲していた。ソムリエやきき酒師の資格を持っている従業員がおり、接客しながら酒の知識を伝えている。

 17席あるカウンターや、スタンディング形式の8個のテーブルなどで試飲できる。ちなみに、試飲コーナーがお客から好評だったため、改装当初と比べて席数を増やしているという。カウンターは午前10時オープンで、ラストオーダーは午後8時30分だ。

 試飲できるお酒は約50種類。ビール、日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーなど幅広くそろえている。あくまで試飲という位置付けなので、基本的に提供する量は限られている。ワインは1杯60ミリリットル、日本酒や焼酎は1杯30ミリリットル程度で、1人当たり3杯までだ。また、混雑状況にかかわらず30分を目安に席を譲るようお客に呼び掛けている。平日の利用者数は200〜230人、土日になると300〜350人に増える。同店はオフィス街にあるので、夕方を過ぎるとビジネスパーソンなどでにぎわうという。

 テーブルの上にはメニュー表がある。日本酒のページを見ると「大関 極上の甘口」(税込100円)、「久保田 萬寿」(300円)、「黒龍 大吟醸」(500円)、「磯自慢 大吟醸」(1000円)などと記載されている。酒販担当の大宮友紀氏は「利益を得るための価格設定ではないので、サービス料はオンしていません。試飲した後に購入していただくのが目的です」と解説する。

 試飲カウンターでは、おつまみも一緒に食べられる。店内で販売されているスナックや缶詰などをカウンター横のレジで精算する方式だ。缶詰をあたためてくれるサービスもある。

●なぜ酒の販売に力を入れるのか

 そもそも、なぜビックカメラはここまで気合の入った試飲カウンターを設置するほど酒の販売に注力するのか。

 狙いの1つはお客の来店頻度を高めることだ。家電量販店の主力商品である家電やスマートフォンなどは、頻繁に買い替えるものではない。しかし、日々消費する酒を購入するために来店してもらえれば、家電のついで買いが期待できる。ビックカメラは「専門店の集合体」を標ぼうしており、酒を扱う「ビック酒販」や医薬品・日用品などを扱う「ビックドラッグ」といった子会社で専門知識を持つ店員を育成している。店内で、酒以外にも日常的に使う商品の品ぞろえを強化する狙いだ。

 女性客も取り込もうとしている。広報担当者によると、ビックカメラの客層は男性が7割、女性が3割だという。女性客に気軽に来店してもらうには、酒が強力な武器になる。

 家電製品との相乗効果も狙う。新宿西口店の酒売り場を見てみると、普通のリカーショップには置いてないような商品が酒やつまみと一緒に陳列されていることに気付く。例えば、焼酎コーナーには乾湿両用ハンディクリーナーが置いてある。商品のPOPには「こぼしてしまったお酒やジュースも吸引可能」「充電式なので車の掃除にも」と書いてあり「こんなのがあると便利だな」と思わせる仕掛けになっている。また、ビールやチューハイのコーナーには大風量ドライヤーがある。POPには「飲み会翌日の時間のない朝に」「飲み会の多いシーズンにおすすめ」とある。さらに、ワインのコーナーには10万円以上するワインセラーがずらりと並んでいる。試飲カウンターの内側にある炭酸水メーカーを使って、ハイボールも提供する。お客は、炭酸水メーカーを実際に使う様子を間近で見ることが可能だ。

 個人向け商品だけでなく、事業者向けの商品もある。例えば、期間限定で販売している日本酒の瓶が電子看板に映されているが、よく見ると値札が付いている。一般客に酒の情報を伝えるとともに、飲食店関係者には「レストランのメニューや店舗のPOPに使えます」とアピールしているのだ。

 酒販担当の大宮氏は「ここで酒以外の商品に触れることで、上のフロアにも移動していただくきっかけになれば」と語る。

●イベントも定期的に開催

 同店では酒を楽しみながら知識を深めるイベントを開催している。例えば、11月上旬には、テイスティングセットを注文したお客を対象に、30分程度のワインセミナーを開催した。過去には、海外からワインの生産者も呼んでいる。

 家電製品とコラボした企画も開催している。例えば、シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」を利用して料理をつくり、試飲カウンターのお客に試食として提供する。通常の家電コーナーを歩いていて、販売員から試食を受け取るのを遠慮してしまうようなお客もいるが、こういった形なら自然と受け入れてもらいやすい。

 大宮氏によると、この試飲カウンターを利用する客層は幅広い。女性客が午前中に1人でふらりと訪れることもあれば、高齢のお客も利用するという。また、インバウンド客が多い土地柄のせいか、外国人客が3割程度を占める。

 こうしてみると、試飲カウンターや独特な酒売り場は店舗全体の客層を広げるのに一定の役割を果たしているといえそうだ。また、さまざまなイベントや酒以外の関連商品を並べることで「コト消費」も喚起しようともしている。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る