パーソルチャレンジ、ITに特化して障害者の就労を支援 背景には進まぬ障害者雇用

パーソルチャレンジ、ITに特化して障害者の就労を支援 背景には進まぬ障害者雇用

 障害者雇用支援事業を手掛けるパーソルチャレンジ(東京都港区)は11月1日、IT特化型就労移行支援事業所「Neuro Dive(ニューロダイブ)」を開設した。人工知能(AI)や機械学習、データサイエンスなどの先端IT領域で障害者の職域拡大を目指す狙いがある。

 就労移行支援は、障害者総合支援法に基づいて提供される福祉支援サービス。65歳未満の身体、知的、精神障害または難病のある人で一般企業への就職希望者が対象。最長2年間、就職に関する相談や必要なスキル訓練などを受けられる。

 厚生労働省が2018年に発表した調査によると、民間企業の障害者雇用率(法定雇用率)が現在2.2%なのに対し、実雇用率は2.05%、達成している企業の割合は45.9%にとどまっている。法定雇用率は20年度末までに2.3%へ引き上げることが予定されており、企業においてはさらなる雇用の増大の必要性が出てくる。これまで障害者を募集していた職種だけでなく、新たな職種での募集も必要になってくるだろう。障害者側も、これまでにはないスキルを磨く必要が出てくる。

 人材市場では産業構造の変化により、IT人材の必要性が高まっている。経済産業省が16年に発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」では、19年をピークにIT人材の供給数は減少していくと予想。30年には需要に対して最大で79万人が不足すると見込まれている。

 こうした背景を受けて、ニューロダイブは設立された。ニューロダイブでは、オンライン学習サービス「Udemy」などを通し、IT領域のスキルを学習する。また、国家資格を保有したキャリアコンサルタントとITに詳しいスタッフを配置し、それぞれの特性に沿った支援を行っていく。実際に就職活動を行う際は、パーソルホールディングス内で連携し、転職サービス「doda」を活用するなどのフォローも行っていく。担当者によると、20人の定員に対し既に10人の利用者がいるという。

 障害者の就職支援サービスなどを手掛けるリクルートスタッフィング(東京都中央区)の飯尾朋子氏は、「『障害者だから』といって一律に線引きするのは良くない。ITは先端的なテーマだが、持っている障害によっては適性があるケースも存在する」と話す。法定雇用率の引き上げを前に、企業側も障害者側も、新たなステップを踏み出すことを求められている。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る