大阪王将の冷凍ギョーザが好調 月間500万パックを突破

大阪王将の冷凍ギョーザが好調 月間500万パックを突破

 大手中華料理チェーン「大阪王将」などを運営するイートアンドは、冷凍ギョーザ「大阪王将羽根つき餃子」を始めとする「羽根つき餃子シリーズ」の販売数が、2019年10月に月間500万パックを突破したと発表した。

 14年8月に大阪王将羽根つき餃子を発売した後、濃厚チーズを使用した「大阪王将羽根つきチーズGYOZA」などを投入し、ラインアップを拡大してきた。同シリーズは、油も水も使わず、フタ無しで本格的な羽根つきギョーザが簡単に調理できるので、お客から支持を得ているという。

 イートアンドは冷凍ギョーザの裾野拡大を図るとともに、大阪王将ブランド全体の市場訴求力を高め、認知度向上に努めるとしている。


関連記事

ITmedia ビジネスオンラインの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る