居酒屋チェーン「一軒め酒場」などを運営する養老乃瀧は1月23日、「ゼロ軒めロボ酒場」(東京都豊島区)をオープンする。3月19日までの限定営業。

 ロボ酒場では、ロボットがお客の注文を受けてからビールやサワーなどのドリンクをつくり、提供する。ロボットはお客の性別、年齢、表情などを識別するカメラと連携。AIを駆使してお客ごとに異なる会話やモーションをするように設計されているという。また、お客のリアクションを識別することで、ロボットの接客スキルも日々向上させていく。

 ロボ酒場は、JR池袋駅南口から徒歩2分ほどの場所にある「一軒め酒場」の店内に設置される。営業時間は8〜24時。ラストオーダーは23時30分となっている。メニューは「ロボ生ビール」「スコッチハイボール」「ロボレモンサワー」「白加賀でつくったロボ梅酒ソーダ」「ロボと泪とカシスとソーダ」「桃色ロボ想い」(いずれも税込500円)だ。

 接客ロボットを提供するのは、ロボティクス・サービス・プロバイダーの「QBIT Robotics」(東京都千代田区)。同社は「変なカフェ渋谷」(東京都渋谷区)にコーヒーを提供するロボットを導入している。

●なぜ実証実験に取り組むのか

 今回の実証実験を行う狙いについて、養老乃瀧は人手不足対策と差別化戦略を挙げる。多くの外食チェーン同様、養老乃瀧も人手確保に苦しんでいる。ロボットが注文を受けて、ドリンクを作って提供するので、ホールスタッフの負荷低減が期待できる。人手が必要となるのは主に開店・閉店作業や食材補充となるので、1日当たり0.1〜0.3人程度で営業できる見込みだ。また、「ロボットが接客する」というコンセプトは、競争が激化する外食産業において集客要因になるかもしれない。

 QBITにとっては、ロボットを導入することで、実際にスタッフの省人化がどの程度達成できるのか、お客にどれだけ受け入れられるのかといったことを検証できるメリットがある。

 養老乃瀧とQBITは実証実験前後の比較をして、実店舗におけるロボット活用のメリットを検証する予定だ。「省人化にどの程度効果があるのか」「収益性も含めて多店舗展開が可能か」といったことを踏まえ、ロボットを用いた酒場ビジネスの本格展開を検討するという。将来的には実験で得たデータを活用し、「夢のロボット居酒屋の具現化に向け、コラボレーションを加速させる予定」としている。

 養老乃瀧の土屋幸生取締役は「経済産業省による『ロボット実装モデル構築推進タスクフォース』が立ち上げられ、外食産業の現場においてもこれからさまざまな革新的な取組みがなされようとしております。こうした社会的実証実験を行うことで、課題の改善につながる糸口になればと考えております」とコメントしている。