求人検索エンジン「Indeed」を運営するIndeed Japanは1月15日、就職氷河期世代の仕事探しに関する調査結果を発表した。調査では、氷河期世代を取り巻く仕事環境や課題を明らかにするとともに、ゆとり世代、バブル世代との比較を実施。調査は2019年12月26〜27日の期間で、高卒以上で現在学生ではない24〜60歳の男女に対し、インターネット上で行った。なお、調査では1987〜92年に高校や大学などを卒業した人を「バブル世代」、93〜04年に卒業した人を「就職氷河期世代」、10〜18年に卒業した人を「ゆとり世代」としている。

 学校卒業後に働いたことのある雇用形態では、「契約社員・嘱託」「派遣社員」で氷河期世代がトップだった。「契約社員・嘱託」は、バブル世代が10.0%、ゆとり世代が9.3%に対し、氷河期世代は14.6%。「派遣社員」では、バブル世代が9.0%、ゆとり世代が7.4%に対して氷河期世代が14.2%と、唯一10%台だった。「非正規雇用」(契約社員・嘱託、派遣社員、パート・アルバイトのいずれか)の経験率でも、氷河期世代がトップで42.7%だった。

 「非正規雇用」としての平均転職回数でも、氷河期世代が首位。通常、転職回数は年齢を重ねるごとに増加すると考えられる。しかし、氷河期世代は2.6回で、年齢層の高いバブル世代は2.4回、年齢層の低いゆとり世代は1.6回だった。一方、「正規雇用」としての転職回数では、バブル世代(1.5回)、氷河期世代(1.4回)、ゆとり世代(0.7回)の順で、年齢が高くなるごとに回数が増えた。

 仕事に関する意識についても、氷河期世代は他世代と比較して悲観的なようだ。「仕事が選べるか/選べないか」「キャリアアップしやすいか/しにくいか」「好きなことを仕事にできるか/できないか」「色々な事にチャレンジできるか/できないか」の4問全てに対し、氷河期世代は否定的な回答が過半数を占めた。他の世代では、否定的な回答がおおむね2〜3割だったため、突出した結果だといえる。非正規雇用の経験率、非正規での転職回数、仕事に関する意識と、氷河期世代は不名誉な「3冠王」となってしまった。

●氷河期世代はどんな点に不満を抱えているのか

 氷河期世代は、転職に対してどのような不満や課題感を持っているのだろうか。同世代のうち、3年以内に転職を考えている215人を対象に聞いたところ、トップは「年齢や性別が理由で、採用されない(採用されにくい)」で34.9%。

 2位以下は、「やりたい仕事が見つからない/探し方がわからない」(29.3%)「どんな仕事が自分に合うのかわからない」(23.3%)と続く。最近では政府を中心に、氷河期世代を対象とした採用も増えてきているが、「行政の支援が不足している」(12.1%)という回答も少なからずあった。

●「ミドル」の仕事検索が急増

 Indeed Japanは、「ミドル」「中高年」「40代」など、年代に関連するワードでの仕事検索に関する調査結果も発表した。14年11月〜19年10月の期間で調査を実施し、日本においてIndeedで検索された対象ワードの検索数を毎月集計。14年11月の仕事検索数を「1」として相対値を算出した。

 期間中、最も検索数が伸びたワードは「ミドル」で、最大24.9倍だった。「シニア」が最大4.6倍、「中高年」が最大3.1倍だったのと比較すると、ミドルでの検索は突出した伸び率だといえる。

 なお、「ミドル」と合わせて検索された回数が多かったワードは「事務」「製造」「販売」など。職種を指定した検索が多いことから、自らの経験を生かすことを前提に転職を考える人が多いようだ。一方、「中高年」では、年収額を指定した検索が多かった。