Amazonは、2019年から20年にかけてのホリデーシーズンを通じて、世界各国のユーザーによる注文数の合計が過去最多を記録したと発表した。日本で19年12月6日から9日にかけた実施されたサイバーマンデーでも、注文数が過去最多となったことが分かった。

 ホリデーシーズンに世界各国で注文されたAmazonデバイスの数は、数千万台以上となり、「Echo Dot」「Echo Show 5」「Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属」がベストセラーとなった。また、世界で人気となったカテゴリーはおもちゃ、ファッション、ホームおよびビューティーで、合計5億点以上の商品が注文されたという。

 日本のサイバーマンデーでも注文数が過去最多となり、「Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属」がベストセラーとなった。

19年11月22日から24日にかけて日本で初開催されたブラックフライデーにおいては、“クロ”にちなんだ商品が登場する「クロいものセール」を実施。「Anker Soundcore ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー(ブラック)」が最も売れた商品となった。

 また、今回で2回目となった新年の初売りセール「Amazonの初売り」では、19年の約2倍にあたる注文数を記録した。ホリデーシーズンにおけるAmazonの各種セールによる販売は軒並み好調だったようだ。

 Prime Videoでホリデーシーズンに最も多く視聴されたAmazon制作のオリジナル番組は「バチェラー・ジャパン シーズン3」。また、 Amazon Music Unlimitedでホリデーシーズンに最も多く聞かれた曲は、2019年の紅白歌合戦にも出場したOfficial髭男dismの「Pretender」だった。