「楽天市場」を運営する楽天が打ち出した“送料無料”に対して、反発の声が出ている。そんな中、ウォルト・ディズニー・ジャパンとワークマンは1月27日に楽天市場からの撤退を表明した。

 ウォルト・ディズニー・ジャパンはリリースで2月14日午後3時にディズニーストア楽天市場店を閉店し、Amazonでの出品も終了することを明らかにした上で「今までのご愛顧にキャスト一同心より御礼申しあげるとともに、引き続きディズニーストア 店舗及びオンライン店をご利用くださいますよう、よろしくお願い申しあげます」とした。

 ワークマンは「ネット通販専業に対抗するため新物販サイトをオープンする」「店舗受け取り通販に特化する」といった自社戦略の方向性を詳細に説明。リリースの後半で「2月末で当社ネット通販の2割を占めてきた楽天経由での販売を停止します。楽天は集客力とネットサイト運営のノウハウがあり、当社がネット販売を順調に立ち上げられたのも楽天のお蔭でした」と感謝の言葉を述べた。