愛嬌のある笑顔とは裏腹に、独自の視点と歯に衣着せぬ発言を武器に、野球解説者、タレント、そしてYouTuberと幅広く活躍している男がいる。かつて千葉ロッテマリーンズの正捕手として活躍し、第1回のWBC(ワールドベースボールクラシック)では、4割を超える打率と強気のリードで、侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也だ。

 現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は、将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。そんな里崎に、スポーツビジネスの観点から、日本のプロ野球ビジネスの「オモテとウラ」を聞いた。

――プロ野球の現状について話を聞かせてください。ホリエモンこと堀江貴文さんは、JリーグやBリーグの経営で一番大切なのは「年に1〜2回しか見に来ない人を、いかにまた来させるか」だと言い、(関連記事を参照)「スタジアムに結界ができている」と表現しています。新しい客層がスタジアムに足を運びづらいのではないかとも言われていますが、これについてどう思いますか?

 堀江さんの話は、Jリーグの話ですよね。いまプロ野球界の観客動員数は、右肩上がりで増え続けています。2019年も、史上最多の観客動員数を更新しました。横浜DeNAベイスターズの試合は「チケットが取れない」といわれているほどで、どのチームも集客は好調です。

――確かに、野球のビジネス環境は好調ですね。要因はどこにあると思いますか? また、里崎さんは引退してから丸5年が経(た)ちましたが、野球を外から見るようになって、あらためて気付いた野球の魅力をどのように感じていますか?

 少し前に、川崎フロンターレ対チェルシーの試合(19年7月19日に日産スタジアムで開催)を見に行きました。僕はそれほどサッカーのことは詳しくないのですが、まず感じたのは、どの選手が誰なのかが全く分からないということでした。サッカーの場合、ビジョンに選手の名前と背番号が常に表示されているわけではないので、スマホで調べなければなりません。そのうえ選手が目まぐるしく動くので、目で追うのが大変で、見づらさを感じました。

――なるほど。確かにサッカーと野球を比べるとそういう差はありますね。

 次に感じたことは、ジュースやビールを飲みたくなっても、スタンドに売り子さんがいないことです。ハーフタイムになるまで飲み食いができず、さらにハーフタイムになった途端に、数少ない売店には長蛇の列ができていました。僕は子どもと一緒に見に行ったので、かき氷を買いましたが、席に戻るころには、後半20分が過ぎていました。

 その点、野球はピッチャーとバッターによる1対1の勝負なので、「誰と誰」という構図が、初心者にもはっきり分かります。加えて、常に出場している選手の情報がビジョンに表示されているので、選手のことを知らなくても、楽しむことができます。飲食についても、スタンドには売り子さんがたくさんいて、手を挙げればすぐに来てくれます。席に座ったまま完結できますし、お客さんには優しいスポーツだと感じますね。

 また、野球には、プレーとプレーの間に「間」があるので、食べながら見たり、誰かと話しながら見たりする「ながら見」が楽しめます。最近は、ファミリー席やボックス席のように、グループで来てみんなで楽しめる席ができるなど、新しい観戦スタイルも好評を博しています。

――平成の時代には、プロ野球はさまざまな改革がありました。特に、いろんなタイプの座席ができたのは、球界再編の動きの中で、ソフトバンクや楽天などの新興IT企業が入ってから大きく変わった印象がありますが、里崎さんはどうお考えですか?

 新しく球場を作り直したところはやりやすかったのではないでしょうか。逆に既存の球場は難しかったと思います。

 もちろん、やみくもに席を増やせばいいかと言うと、そうではありません。利益を追求するのか、それとも野球の質を追求するのかを見極める必要があります。例えば、利益を追求してお客さんを増やそうとすると、席をグラウンド内に増やすしかないため、結果的にファールゾーンは小さくなっていきます。すると、バッターが有利になるわけです。

 最近は、外野にテラス席を作っている球場が増えていて、これも入場者数は増えるものの、その分ホームランが出やすくなるわけです。利益を追求しすぎると、球場自体が変わり、野球の質も変わってくるんですね。それが善なのか悪なのかについてはさまざまな意見があるので、どちらが良いとも言い切れないところがあります。

●制度のメリットとデメリットを踏まえて議論すべき

――興行収入の面ではメリットがあっても、質の面ではデメリットになりかねないということですね。興行収入という点では、19年もリーグ戦で2位だった福岡ソフトバンクホークスが、(シーズン上位3球団によって行われるトーナメントである)クライマックスシリーズを制し、そのまま日本一に輝きました。このクライマックスシリーズという制度をどう思いますか?

 クライマックスシリーズへの出場権が与えられる3位以内に入るために、シーズン終盤まで試合が盛り上がることは、お客さんにとっても、選手にとっても良いことです。消化試合がなくなって真剣勝負が増えると、選手も張り合いが出ますからね。僕は消化試合を経験したことがありますが、早ければ8月中旬から1カ月半も消化試合をしなければなりませんでした。それでは選手たちにとっては張り合いがないですよ。

 しかも消化試合になると、選手たちは、自分の成績を上げることだけに意識が向くので、自己犠牲の精神を出さなくなります。なぜなら、自分の成績を下げたら給料も下がってしまうからです。こうして、みんながチームのことよりも自分の成績を優先するようになってしまうと、結果的には野球の質が下がってしまいます。

――クライマックスシリーズにはメリットもあるということですね。

 メリットだらけですよ。毎回「また1位じゃないチームが優勝した」という意見が出ますが、19年のメジャーリーグだって、(各地区1位を除いた12チームのうち勝率の高い2チームにポストシーズン進出権を与える制度である)ワイルドカードのナショナルズが、ワールドチャンピオンになっています。それでも、アメリカ(米国)では「お前らワイルドカードだからダメだ」なんて誰も言いません。

――制度には、オモテとウラがありますが、その両面をしっかり理解して議論する必要がありそうですね。クライマックスシリーズ以外にも、制度の面で意見が出るのが(どの球団とも選手契約を締結できる権利をもつ選手である)FA(フリーエージェント)についての制度です。FA制度のことはどうお考えですか?

 選手にとってはプラス以外の何物でもありません。FAができたことによって、選手の年俸が高騰するので。自由な市場では競争の原理が働くので、買い手が増えれば、選手の年俸が釣り上がるじゃないですか。

――一方でFAが使える人はごく一部で、そこまでたどり着けない人もたくさんいますが、その格差はどう考えますか?

 それは仕方のないことだと思います。全員が幸せになれるルールなんてありませんから。その幸せになれるルールを使いたければ、それ相応のステージまで上がっていかなければならないということです。

――FA制度をメジャーリーグと同じようにした方が良いという意見もあります(メジャーの場合は、在籍期間6年でFA権を得る。一方、日本の場合は、FAの資格を取得しても、権利行使を宣言しない限りは効力が発効されない)。

 日本のプロ野球界は「FAするもの」、メジャーリーグは「FAになるもの」と表現することがあります。日本では宣言することによって初めてフリーエージェントとなるのですが、メジャーリーグは、全員が自動的にフリーエージェントになって、自由市場に放り出されるんです。

――アメリカと同じ制度にした方が選手の年俸も上がり、移籍市場が活発化するという意見もありますが。

 「日本もメジャーリーグみたいな制度にすればいいのに」と言う人はたくさんいますが、そのような人は、デメリットに気が付いていない人がほとんどです。メジャーリーグと同じ制度にすれば、全員の年俸が上がるというわけではなく、むしろその逆で、契約してもらえない選手が増えるということなんです。

 現行の日本のFA制度の場合、宣言しなければクビにならない限り雇ってもらえますからね。それでもあえてFA宣言をする選手は、契約先がなくなるかもしれないというリスクを背負っているということ。そういった覚悟を持ってFA宣言をした選手の判断は、最大限に尊重されてしかるべきだと思います。

●プレミア12が盛り上がらなかった理由

――昨年11月に開催されたプレミア12では侍ジャパンが優勝しましたが、盛り上がりに欠けたように思います。一般の人はWBCとの違いもよく分からないと思いますので、その違いを説明してもらえますか?

 WBCはワールド・ベースボール・クラシック・インク(MLBの選手会が立ち上げた組織)とMLB(メジャーリーグベースボール)が作った大会です。一方、プレミア12は、世界野球ソフトボール連盟が作った大会。この2つの明白な違いは、プレミア12にはメジャーリーガーが出場しないということにあります。なぜならメジャーリーガーは、自分たちが主催するWBCが世界一を決める大会じゃなくては困るわけですから。

 メジャーの選手会もWBCに絡んでいる以上、もし自分たちがプレミア12に出場して、それが世界一を決める大会になってしまえば、それは自分たちの首を絞めることにもなるのです。もともと、日本には「侍ジャパン」を興行化してもっと試合をしていきたいという意向があったはずです。ですが、WBCはMLBが主導しているため、日本の意向はなかなか通りません。そのため、日本にとっては、プレミア12が必要だったのだと思います。

――その意味では、日本の進むべき方向は間違っていないということでしょうか?

 間違ってはいないと思いますが、メジャーリーグの選手たちは一生協力してくれないので、大会の価値は上がりませんよね。

 先日、アメリカに住む友人にプレミア12の報道状況を聞いてみましたが、ほとんど報道されていなかったそうです。一部のオリンピック関連のニュースを扱う番組では報道されたようですが、あくまでも、東京オリンピックの予選会という位置付けです。

 例えば、メキシコ代表は、ジャイアンツで一軍に入れないようなビアヌエバ選手が4番を打ち、阪神で1軍に入れないナバーロ選手が6番を打っていました。そんなチームが強いのかという話です。もちろん、選手たちは真剣にやっていますよ。でも国の代表としてはベストじゃないですよね。これでは、世界から見た「大会の価値」は上がらないし、盛り上がらないですよね。

●いま、日本のプロ野球ビジネスに必要なこと

――最近スポーツ界はスタジアムビジネスの風潮が高まっていますが、里崎さんは日本のプロ野球が盛り上がっていくためには何が必要だと思いますか?

 グローバル戦略が一番じゃないでしょうか。日本市場の中だけではもう成立しなくなってきていますから。キャパは決まっていますし、人口も少なくなってきた今、台湾、韓国、シンガポールなどのアジア戦略が重要になってくると思っています。

 これは勝手な妄想ですけど、特にシンガポールに着目しています。シンガポールには、日本の企業がたくさんあって、日本人がたくさん働いています。そこには、プロ野球ファンの人もいますよね。シンガポールには野球文化がないので、そのシンガポールに、最もクラシカルな一戦である巨人対阪神を持っていったら面白いんじゃないかなと思っています。

 また台湾には、王さんがいるので、ソフトバンク対楽天なんかをもっていくと良いでしょう。韓国には、ロッテとDeNAとか。そうやってアジアの国々で、巨人の帽子をかぶる人を増やす、阪神の帽子をかぶる人を増やすということをやるんです。

 メジャーリーグがイギリス(英国)で、ヤンキースvsレッドソックスをやったじゃないですか(19年7月1日にロンドン競技場で行われた一戦。この試合は欧州でMLB初の公式戦となった)。それはなぜかと言うと、ヤンキースとレッドソックスが名門だから。東京にはヤンキースの帽子をかぶっている人が、たくさんいます。ではアジアで巨人の帽子をかぶっている人がいますか? いませんよね。それを増やしていくのがアジア戦略です。

●10年先を見据えた新しい「投資」を

――なぜ日本のプロ野球界は、今までアジア戦略をやってこなかったんでしょうか? 

 日本の中だけで成り立っていたからですよ。国内だけで成り立つから、世界に目を向けてきませんでした。例えばゴルフでも、よほど海外志向がある人じゃないと、外に出ていきませんよね。では韓国人のゴルファーはなぜ日本やアメリカに出ていくのか? それは韓国の中だけでは成り立たないからですよ。

――野球界の新しい動きといえば、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメントの共催で「eBASEBALLプロリーグ」をスタートさせました。新しい市場開拓という意味ではその効果はあると思いますか?

 「パワプロ」を東京ドームでやって満員になるかというと、いまは難しいですよね。ただ、新しいことをやろうという方向性はすごく良いと思います。いまはわずかな利益だったとしても、もしくは多少赤字だったとしても、続けていくことが大事です。eスポーツ自体が始まったばかりですし、「eBASEBALLプロリーグ」も始まってまだ2年目です。この取り組みは5年〜10年先の未来に向けた投資なので、目先の利益にこだわる必要はないと思います。(関連記事【後編】優勝請負人・里崎智也が実践してきた「チャンスをモノにする思考法」 に続く)

(瀬川泰祐)