第71回さっぽろ雪まつりが2月11日に終了した。大通会場では2月4日から、つどーむ会場では1月31日からそれぞれ開催されていた。

 観客数は202万1000人で、前回(第70回)の273万7000人から3割近く減少した。第69回は254万3000人だったので、大幅に減少したといえる。

 さっぽろ雪まつり実行委員会は観客数が減少した理由として「新型コロナウイルスに関連した肺炎の世界的な発生」や「韓国からの国際線減便・運休」を挙げた。前回と比べて中国・韓国からの団体観光客が減少しただけでなく、地元の小学校・幼稚園などの団体来場が取りやめになったという。

 大通会場とつどーむ会場では、新型コロナウイルスなどの感染症を予防するため、多言語による咳エチケットのポスターを掲示した。また、多言語で注意喚起をしたり、休憩所などにアルコール消毒液の設置をしたりした。そのため、会期中に大きな混乱は見られなかったという。