お金の情報サイト「まねーぶ」を運営するGV(東京都港区)は2月13日、「クレジットカード利用調査」の結果を発表した。これによると、最も利用されているクレジットカードは「楽天カード」だった。

 「1番利用している(利用金額が多い)クレジットカード」のトップ3は、楽天カード(378人)、「JCBカード」(105人)、「イオンカード」(67人)だった。「1番利用している(利用金額が多い)クレジットカードの国際ブランド」では、「VISA」がトップ。全体の55.6%が回答した。「JCB」(31.0%)、「Mastercard」(10.8%)と続く。上位3位までで全体の97%ほどを占めた。

 「1番利用するクレジットカードの利用理由」のトップ3を「1位:3ポイント、2位:2ポイント、3位:1ポイント」として聞いたところ、トップは「ポイントまたはマイルがたまりやすい(還元率が高い)」で2163ポイント。次いで「入会金・年会費が無料または安い」(1182ポイント)、「利用できる店が多い」(282ポイント)。クレジットカードを利用する際の支払先を聞いた設問では、「オンラインショッピング」や「スーパー・コンビニ」といった回答が多かった。このことから、日々の生活にクレジットカードを使用するため、明細の見やすさや利用限度額といった「利便性」よりも、「お得さ」を重視する人が圧倒的に多いようだ。

 なお、クレジットカードの月利用額について聞いたところ、最も多かったのは「1万円以上〜3万円未満」で27.3%。平均値は「5万8934円」で、中央値は「4万円」だった。

 調査は2020年1月31日〜2月5日の期間、インターネットで実施。全国の20〜60代で、クレジットカードを保有している1000人を対象に行った。