2020年2月25日、Netflixはアニメ分野における日本のトップクリエイター6組とのパートナーシップ締結を発表した。クリエイターと企画段階から手を組み、オリジナルのアニメ製作を目指す。Netflixと日本アニメの関わりを巡っては、オリジナルアニメの投入、アニメスタジオとの包括的業務提携に続く、大きなターニングポイントになる。

●CLAMP、太田垣康男、冲方丁ら“超一流”作家陣が参画

 パートナーシップを組むのはいずれも日本を代表するクリエイター達。創作集団CLAMPは『カードキャプターさくら』『魔法騎士レイアース』のほか、『X』『XXXHOLiC』といった作品で、世界中でコアなマンガ・アニメファンからも支持が高い。『神の雫』や『金田一少年の事件簿シリーズ』のマンガ原作の樹林伸、マンガ家・太田垣康男(『機動戦士ガンダム サンダーボルト』)、ヤマザキマリ(『テルマエ・ロマエ』)、さらに小説家の乙一、冲方丁が並ぶ。いずれも日本を代表するヒットメーカーで、既にアニメ化、映画・ドラマ化された作品は多い。

 2015年の日本上陸以来、Netflixは日本の映像業界に大きなインパクトを与えてきた。定額課金(サブスクリプション)ビジネスモデルの本格的投入や、制作予算の高いオリジナル番組、アニメスタジオとの包括的業務提携などだ。

 今回の発表もサプライズとインパクトの大きさでは、今までの取り組みに引けを取らない。とりわけ日本のアニメ業界への影響は大きい。Netflixによれば今回の発表に関わる作品は、全て同社の1社出資になる。制作費の全額をNetflixが負担することになる。

 これまで日本アニメの多くは、製作委員会と呼ばれる方式で業界企業の共同出資によって製作されることが大半だった。製作委員会の参加企業は、DVD/Blu-rayを販売するビデオメーカーや映画会社、テレビ局、ときにはアニメスタジオ自身だった。アニメ企画の多くもこうした企業の中から生まれてきた。Netflixの1社出資は、これに一石を投じることになる。

 Netflixは日本進出の当初から「日本アニメ重視」を掲げていた。しかしスタート当初のアニメ番組は、既にテレビ放送されたものばかりであった。それらは従来の日本の製作システムの中で作られた作品だ。

●製作委員会飛び越えスタジオと直にタッグ

 転機となったのは、2018年1月配信の『DEVILMAN crybaby』だ。国内外で注目されるアニメ監督の湯浅政明を起用し、永井豪の傑作マンガを新たにアニメ化した。ここで初めてNetflix独占配信タイトル、かつテレビ放送を全くしていない作品が登場した。「Netflixオリジナルアニメ」ブランドの誕生である。ただこの段階でも、オリジナルアニメの多くは既に存在する企画を独占配信のかたちでピックアップしたものだった。

 18年、19年に相次いだ日本の有力アニメ制作会社5社との包括的業務提携契約が次の転機になる。『攻殻機動隊』シリーズのプロダクション I.Gや、『鋼の錬金術師』のボンズ、さらに新興のデイヴィッドプロダクション、アニマ、サブリメイションといったスタジオと長期間にわたり安定的な番組制作を目指すことになる。

 こうしてNetflixは製作委員会や放送局を飛び越えて、制作スタジオと直接ビジネスすることになる。Netflixのアニメ制作への関与は格段に大きくなった。

 さらに今回のクリエイターとのパートナーシップである。制作会社さえ飛び越えて、作品のアイデアの源泉であるマンガ家や小説家と手を組む。日本アニメのアイデアの多くが、マンガや小説にあることを見抜いたものである。

 これまでNetflixは番組の配信権購入は手掛けても、製作出資はしないとされてきた。その点、アニメの企画・クリエイティブには踏み込まないとの意思を制作者に感じさせてきた。

 しかし「出資」となれば、Netflixは企画や制作、クリエイティブも含めて日本アニメを共に作ることになり、その役割は根本的に変わることになるのだ。映画会社の東宝が製作と配給を、ビデオメーカーのバンダイナムコアーツが製作とDVD・Blu−rayの販売を両方とも手掛けるイメージに近い。

 となれば、Netflixの企画・製作で果たす役割はさらに大きくなる。いわば配信という流通会社から、自らがコンテンツを創出するクリイティブカンパニーに立場を変えるのだ。企画本数の多さからも、日本のアニメのクリエイティブの中核の1つとなるだろう。日本のアニメ企業各社のNetflixを見る目も大きく変わる。

●日本のクリエイター、Netflix通じ世界へ

 これについてNetflix自身は、どう捉えているのだろう。同社のアニメ チーフプロデューサーの櫻井大樹氏は、2月25日の発表で「(Netflixの)クリエイターとのパートナーシップは、日本のクリエイティブ強化につながる」と話した。日本のクリエイティブが世界規模で認められる可能性が広がるからだ。

 一方、それでも外資系企業であることも含めて、対外的な印象に気を遣う様子も窺(うかが)えた。

 「Netflixにあるアニメーション3部門の1つである『アニメ(ANIME)』の拠点は東京にあり、全てはそこで決定までできる」と強調するのは、日本からのクリエイティブ発信の重視を伝えたいと気持ちの表れだろう。

 人によっては、日本の有力クリエイターがNetflixに囲い込まれたとも見る向きもあるかもしれない。ただクリエイター側からすれば、Netflixの仕組みを使うことで新しいことに挑戦できるのが魅力だ。

 記者発表会でCLAMPのメンバーの1人である大川七瀬、それにマンガ原作者の樹林伸は、共に今回の取り組みに参加する理由として「世界百数十か国、1億数千万世帯という配信ネットワークの大きさ」を挙げた。Netflixとクリエイターたちはwin-winの関係にある。

 6組のクリエイターは人気があるだけでなく、常に新しい分野に挑んできた点でも共通する。彼らにはNetflixは大きなチャンスと映る。実際に櫻井氏によれば、今回パートナーシップの声をかけたクリエイター6組からは、それぞれ契約の違いはあるものの全てOKとの快諾だったという。

 では、従来のやり方でアニメ企画・製作に携わってきた側にとってはどうだろうか。アニメ企画では実際にアニメーションを制作するスタジオ、制作会社が大きな役割を果たすことも多い。企画・テーマを決めて、スタッフをアレンジし、それをプレゼンテーションして出資を募る。企画段階でNetflixがクリエイターと手を組めば、製作会社だけでなく、アニメスタジオもその場所から抜かれてしまったように見える。

 櫻井氏は今回のスキームではまずクリエイターと共に企画を練り、それに関心を持ってもらえれば、制作会社に企画段階で参加してもらうことも、アニメーション制作だけ担当してもらうことも可能だと話す。制作会社を排除するものでなく、Netflixとクリエイター、制作会社という3者の関係がフレキシブルである点を強調する。

それでも制作会社が初期段階の作品アイデアの核であるクリエイティブ に関われなくなるとの懸念は拭いきれない。これは今後発表されていく作品をみて判断することになりそうだ。

●Netflixから日本勢への「大いなる挑戦」

 配信会社によるオリジナルコンテンツでの新しい取り組みは、今後はアニメ業界だけにとどまらなくなるだろう。Netflixでは19年に実写ドラマ『全裸監督』、リアリティーショー『テラスハウス: Tokyo 2019-2020』といったオリジナル番組がヒットし、アニメに続き日本での成功を収めた。実写番組でも、アニメと同様にクリエイターや原作者と直接組んで映像制作する動きが増えるだろう。

 配信会社であるだけでなく、クリエイティブ会社、制作スタジオでありたいとするNetflixの方向性は世界的により強まっている。日本でもこうした側面はさらに注目されていくはずだ。

 となると気掛かりなのは、日本の動画配信会社だ。日本は数多くの動画配信会社が競う世界でも有数の国である。しかし国内資本のサービスが企画したオリジナル番組は、まだまだ少ない。アニメについてはほとんど存在しないと言っていい。依然、配信サービス機能だけの会社ばかりなのである。

 もちろん投資できる金額の違いの壁はある。だが気が付くと国内の映像企画・製作のトップを走るのは外資系動画配信会社ばかりという事態になりかねない。日本の動画配信企業はいま、Netflixから大きな挑戦を受けているのでないだろうか。

数土直志(すど ただし アニメ・映像ジャーナリスト)