新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、新入社員の考え方にどのような変化が出ているのだろうか。この春就職した新入社員に、今の会社での勤続意向を聞いたところ、59.1%が「できれば今の会社で働き続けたい」ことが、ラーニングエージェンシーの調査で分かった。

 2016年度以降、新入社員の就社意識は年々低下し、昨年は全体の半数ほどに低下していたが、今年は6割近くまで上昇した。新入社員からは「社会人生活が在宅勤務からスタートし、社会人らしさを感じられず不安」「新入社員研修後から自宅待機となり、いつまで続くか不安」といった声も。「こうした先行きへの不安の裏返しからか、今の会社で働き続けたいと思う新入社員の割合が大きく増加している」(ラーニングエージェンシー)

 将来会社で担いたい役割を尋ねたところ、「専門性を極め、プロフェッショナルとしての道を進みたい(専門家)」と答えた人は31.1%。その理由を聞いたところ「いざというときに専門性を生かして仕事をしていきたいから」が54.6%。調査開始以来、最も高い割合となった。「新型コロナウイルスの感染拡大の中、不安を抱えながら、もしものときに備えて専門性を磨いておきたいと志向する新入社員が増えたと考えられる」(ラーニングエージェンシー)

 インターネットを使った調査で、この春就職した新入社員3128人が回答した。調査期間は4月2日から22日まで。