マツモトキヨシホールディングスは4月28日、「詐欺(フィッシング)メール」に対する注意喚起を行った。

 同社では現在、「マスクを無料配布致します」「本日マスクが入荷しました」といったメールを確認しているという。あたかもマツモトキヨシが顧客に送信したかのような内容になっているが、現時点で同社がこういった内容のメールを配信することはないため、メールの開封やリンクのクリックなどは行わないよう呼び掛けた。

 消費者庁は、注文していないマスクが自宅に届く「送り付け商法」に注意するよう呼び掛けている。品薄状態になったマスクに関連する詐欺行為は今後も増えていくかもしれない。