選挙コンサルティングを手掛けるジャッグジャパン(東京都渋谷区)は、最寄りのオンライン診療対応医療機関を探せる「全国オンライン診療・電話診療対応医療機関マップ」の配信を4月27日までに開始した。利用は無料。

 厚生労働省が新たに公開したオンライン診療対応医療機関リストに掲載されている全ての医療機関約1万件をデータベース化し、地理情報システム上に掲載。現在は2020年4月26日時点で公開されている情報を参照できる。

 厚労省は4月10日、「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」で、オンラインでの初診や再診を一時的に解禁している。

 4月24日には全国のオンライン診療対応医療機関リストが公開されたが、記載ルールが統一されておらず、必要な情報が検索しにくい状態だった。

 そこで、ジャックジャパンが情報処理を行い、住所をもとにマップ化。誰でも地図を使って簡単に近隣の医療機関を探せるようにしたという。マップでは初診や再診によるオンライン診療可否や、診療科による条件検索ができるようになっている。

 同社は2月には「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」を公開しており(関連記事を参照)、すでに3000万以上のアクセスがあったという。「今後も当社では情報の視覚化を通じ、新型コロナウイルス感染症に関連するさまざまな情報の配信を行っていきたいと考えております」とコメントしている。