老舗アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入る。さらに、オンワードホールディングスは2020年度と21年度に約1400店を閉店する。消費増税だけでなく、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に追い込まれているのがアパレル業界だ。

 しかしここに来て、アパレル各社は衣服製造のノウハウを活用して、洗って何度も使えるマスクに進出。自社の通販サイトにアップした途端に完売する状況だ。ミズノ・ヨネックスがスポーツ用品、AOKI・青山商事が紳士服、ワールドが婦人服、グンゼが肌着で培った知見を活用している。

 ユニクロも、機能性インナーウェア「エアリズム」の生地を使ったマスクを開発中だ。このマスクは吸汗放湿、接触冷感といった機能を備えている。

 無印良品は、抗菌防臭を施した繰り返し使える2枚組マスクを5月1日にECサイトで発売。この「三層マスク」は、約100万枚が売れた。6月上旬にはTシャツなどの残布を使ったオーガニックコットンのサッカー織、ムラ糸天竺編み、鹿の子編みの3種を発売する。

 また、ニットワイズ(山形県山辺町)の保冷剤入りマスクのようなアイデア商品も登場した。このマスクは自動販売機で冷却して売られているのが特徴だ。

 コロナ禍を跳ね返し、高温多湿の日本の夏を乗り切る新しい“夏マスク”の提案で、アパレル企業が底力を見せている。

●ミズノの水着マスクがヒット商品に

 2020年を代表するヒット商品になりそうなのが、水着マスクだ。

 ミズノのマスク「マウスカバー」は、5月15日に同社公式オンラインショップで発売されると、アクセスが殺到し、即日2万枚を完売した。着け心地の快適さがSNSで評判となり、第2弾として5万枚の追加販売が決定した。

 マウスカバー抽選サイトにアクセスが集中したため、サーバダウンが起こった。再開はメールマガジンやTwitterで告知する。1人6枚まで購入可能で、購入希望者に抽選を行う。

 このマスクはもともと、どうしても会社に出勤しなければならない社員向けに製作された(今は在宅勤務が基本)。非常に好評だったので、市販することになった。

 伸縮性に優れた2wayストレッチトリコット素材(ポリエステル83%、ポリウレタン17%)を使用している。この素材は、水着や陸上競技のウェアに採用されている。マスクの内側には、独自の肌触りの良い素材(ポリエステル100%)を使い、顔を優しく包み込んでフィットする設計になっている。着用時のストレスが少なく、洗って何度も使える。第1弾は無地5色、850円(税別、以下同)。第2弾は24種類で無地タイプが850円、プリントされたものが900円で、SMLの3サイズをそろえた。

●アルペンは「洗える冷感マスク」

 アルペンも5月から自社の店舗とECサイトで、吸汗速乾の水着素材を使った「洗えるマスク」を販売。さらに6月10日には、熱をマスクの外に逃がしやすい繊維を使用した「洗える冷感マスク」も発売予定。価格は各999円。

 同社では、プライベートブランド製造のノウハウを活用し、これまで扱ってきた素材を組み合わせて、猛暑を乗り切るためのマスクを開発。本社ビル内にミシン30台を設置して、国内外の協力工場も含めて、月5万枚を生産する。

 盛夏向けに、保冷剤を使ったマスクやジュニアサイズのマスクも計画中だ。また、接客業向けのフェースシールド、防護ゴーグルの予約販売も行っている。

 ヨネックスは、7月上旬に同社独自の涼感素材「ベリークール」を採用した「スポーツフェイスマスク」を発売する。同社ショールームとECサイトで購入できる。

 ベリークールは、汗に反応して熱を吸収する植物由来のキシリトールを生地に練り込んでいる。着用すると体感温度が3度下がるという。同社のスポーツウェアに広く採用されており、バドミントン日本代表の桃田賢斗選手、テニスのスタン・ワウリンカ選手などが着用している。

 色は、ブラック、ピンク、ライトブルー、アイスグレーの4色。素材は、表地がポリエステル90%、ポリウレタン10%。裏地は、レーヨン85%、綿10%、セルロース5%。吸汗速乾、抗菌、ひも調整の機能もある。価格は840円で中国製。

 その他、富樫縫製(福島県二本松市)の水着マスク、アウトドアのモンベル(大阪市)が製造した内ポケットにガーゼなどを挟んで使う速乾素材の「ポケマスク」も好評。スポーツウェアメーカーの高い専門性が、ユーザーに支持されている。

●ブランド別にマスクを展開

 婦人服に強いアパレルも、マスク製造に熱心だ。

 ワールドでは、普段の華やかなファッションのイメージとは異なる、実用的機能にこだわった3種のマスクを、5月7日から自社公式ECサイトと店頭で販売している。

 最も売れているのは「抗ウイルスマスク」で、抗ウイルス・抗菌防臭素材「クレンゼ」を使用している。繊維上の特定のウイルスを99%減少させ、50回洗っても抗ウイルス性能を維持する。国内工場で生産し、7月までに30万枚を供給予定。大人用だけでなく、キッズ用や幼児用もある。

 また、「ポリジンマスク」は、スウェーデンのポリジン社が開発した銀イオンの優れた抗菌防臭加工技術「ポリジン」を施した布マスク。アウター性の高い素材で、ネイビーとグレーの2色を展開している。タイ製で、こちらも大人用とキッズ用がある。

 「サージカルマスク」は三層・立体構造の不織布マスクで、細菌ろ過効果が95%以上、微粒子ろ過効果90%以上の機能を備える。中国製で50枚入りで2500円。

 今後は「ブランドごとの特徴を活かしたマスクも取り扱っていく」(同社・広報)としており、機能性に加えてファッション性を加味した商品が展開される模様だ。

●三陽商会も参入

 三陽商会は5月29日、「オリジナル布製マスク」を自社公式オンラインストアで発売し、予定していた1000セット(2枚組)を1時間で完売した。これは、福島市と青森県七戸町の自社工場で生産されており、顔にフィットする立体裁断と、サイズ調節ができるひものアジャスター機能が特徴。

 6月中旬には第2弾を発売予定だ。第1弾と同じ縫製で、表地には洋服と同じ多彩な色・柄の生地を、裏地に抗菌ダブルガーゼをそれぞれ使用する。季節の装いを楽しめるファッション性の高いマスクを、今後販売していく。

 また、ミズワン(大阪市)、イオングループのコックス(東京都中央区)、ボトムを中心に製造するアパレルアイ(広島県福山市)なども、接触冷感をうたったマスクを企画。いずれも自社ECサイトで販売しており、機能優先で開発しているのが特徴である。今後はファッション性が高まっていくことが期待される。

●紳士服メーカーも参入

 紳士服メーカーもマスクに続々と進出し、機能性で勝負している。

 AOKIでは5月1日から、オンラインショップで「抗菌・洗えるマスク」を販売。これは、3層構造になっており、外層は飛沫防止の撥水加工、中層と内層は抗菌加工が施されている。米国では医療用として使用されている。

 米国繊維科学技術・染色技術協会の認可を取得しており、抗菌効果は30回洗濯しても持続する。また、肌にやさしいストレッチジャージ生地を使用し、日本人の顔に合わせた立体縫製となっている。これまでに3回の抽選販売を行っているが、1枚あたり200円ほどと安価なので、支持されている。今後は、夏用マスクの展開も予定している。

 青山商事も、抗ウイルス、抗菌、消臭、防汚を兼ね備えた「TioTioプレミアム 洗える立体マスク」を5月27日に発売。同社ECサイトで抽選販売している。「TioTio」はサンワード商会の登録商標で、悪臭や細菌類を破壊分解する抗菌・消臭剤だ。

 素材は、表地がニット(ポリエステル95%、ポリウレタン5%)、裏地はポリエステルムース。中央シーム入りの立体的デザインで、耳ひもは調節可能。サイズは3種あり、色は白。価格は590円で1人10枚まで購入できる。抽選は4回実施し、国産と中国製で20万枚ほどを販売する予定だ。

 6月4日に公開する後編では、アパレルメーカー以外でマスクに参入する動きをレポートする。

(長浜淳之介)