トヨタ自動車は6月2日、新型スポーツカー「GRヤリス」の全ラインアップを公開し、2020年9月ごろに発売すると発表した。すでに先行予約を開始しているモデルに加え、気軽にスポーツカーを楽しめるモデル、競技ベース用のモデルの3種類をそろえる。

 GRヤリスは、トヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing」が手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」のオリジナルモデル。これまでのFIA世界ラリー選手権(WRC)参戦経験から得た知見を生かし、世界のさまざまな道で思い通りに運転できるようなクルマを目指して開発した。

 1月に開催された「東京オートサロン2020」で世界初公開。現在、日本と欧州で約6000台の先行予約が入っているという。日本の先行予約は、特別仕様車「RZ“First Edition”」「RZ“High-performance・First Edition”」の限定となっている(受け付けは6月末まで)。

 GRヤリスのラインアップは「RZ」のほか、「RS」「RC」の3種類。「RZ」は、走行安定性、加速性に優れた、「回転数の伸びを体感できる高出力モデル」で、新開発の1.6L直列3気筒直噴ターボエンジンのほか、スポーツ4WDシステム「GR-FOUR」、6速マニュアルトランスミッション「iMT」を採用している。「RS」は、GRの「研ぎ澄まされた走り」を気軽に楽しめるモデルで、1.5L直列3気筒ダイナミックフォースエンジンなどを採用。競技ベース用の「RC」は、RZと同じエンジン、4WDシステム、トランスミッションを採用しながら、走りに必要な要素以外を極力排除した軽量モデルとなっている。

 また、GRヤリスの開発に関する映像も公開。豊田章男社長は「GRヤリスは『市販車をモータースポーツの世界に持っていく』のではなく、『モータースポーツ用に開発したクルマを市販化する』という逆転の発想で開発した最初のクルマ」とコメントを寄せている。