アイリスオーヤマは、着用時の息苦しさや蒸れを緩和する「ナノエアーマスク」を発売した。「ふつう」サイズは6月に発売し、「小さめ」サイズも9月ころに発売する。価格はどちらも7枚入りで498円(税別)。全国のドラッグストアやホームセンターで販売している。ドラッグストアなどへの供給が追い付いた後にネットでの販売も検討しているという。

 同社は新型コロナウイルス感染拡大による政府からの要請を受け、中国2拠点の工場に加えて、宮城県角田工場の一部を改修してマスクを生産する計画をすでに発表している。今回、マスク生産ラインの稼働に伴い、同商品の国内生産が始まったという。

 マスクには独自開発した特殊ナノファイバー加工の中間層を採用することで、着用時の口元温度上昇を同社従来品と比べて約半分まで抑制。梅雨や夏でも快適に着用できるよう、蒸れによる不快感を緩和させた。また、3層構造によって花粉・ウイルス飛沫などを99%カットする捕集性能を保ち、空気の通り道を増やすことで息のしやすさを実現した。

 さらに、マスクの形状を保つ3Dワイヤーや、長時間の着用でも耳が痛くなりにくい幅広耳ひもを採用。快適な装着感にこだわった。