JR東海は、7月1日にフルモデルチェンジをする東海道新幹線の新型車両「N700S」の運行を開始した。フルモデルチェンジをするのは13年ぶり。「N700S」デビューに合わせた「Supremeコラボレーション」を実施する。

 N700Sの出発式が実施された本日7月1日から、2019年M-1王者のミルクボーイや、人気キャラクターのおしりたんてい、崎陽軒などさまざまな業界とコラボレーションしたプロモーションを展開する。ミルクボーイは「うちのオカンがね、好きな乗り物があるらしいんやけど。」と、N700Sを題材にしたオリジナル漫才を披露する。テレビCMおよびミルクボーイの動画は、特設サイトで視聴できる。

 ネーミングは、N700Sの「S」が「最高」を意味する「Supreme」の略であることにちなんだもの。テレビCMには英国のロックバンド「Queen」の代表曲「Don’t Stop Me Now」が採用された。

 人気キャラクターのおしりたんていとN700Sがコラボしたオリジナルブックは、東海道新幹線の駅や新幹線車内、リニア・鉄道館等で子どもを対象に無料で配布する。

 また、東海道新幹線沿線の食品メーカー3社とコラボレーションし、N700Sデビューを記念したオリジナル商品を期間限定で販売する。「N700S×崎陽軒」の記念弁当はN700Sのロゴをあしらい、パッケージは葛飾北斎「富嶽三十六景」をモチーフにした中華海苔弁当。名物しょう油入れ「ひょうちゃん」は期間によって異なる2種類が用意された。価格は1300円。第1期の販売期間は7月1日〜3日だが、すでに電話による事前予約を開始している。電話番号は特設サイトにて公開されている。

 その他にも、名古屋の坂角総本舖は特別パッケージの「ゆかり」を、奈良・三輪の池利は、「そうめん新幹線」「そうめんドクターイエロー」を販売する。