JTBは7月1日、企業が従業員や取引先に感謝を伝えるために活用できる旅行商品を発売した。感染対策に配慮した、個人での国内旅行プランを設定。企業の社内イベントなどの多くが中止されていることから、新たな形の福利厚生として活用してもらう。まずは中国・四国、近畿、中部エリアの約90施設の宿泊プランを設定する。

 新型コロナウイルスの影響で、多くの企業活動が制限された。JTBが顧客企業に対して行ったヒアリングでは、「休みなく働く従業員に感謝の気持ちを伝えたい」「ステークホルダーとの関係を強化したい」「福利厚生を目的とした旅行やイベントを中止・延期したため、代替策を模索している」といった声があったという。

 そのため、社会性や安全性に配慮しながら取引先や従業員に新たな形で感謝などのメッセージを届ける手段として、ギフトトラベル商品を開発した。

 新商品「ありがとう New Style Travel for You」では、団体ではなく、個人での旅を提供。最大1年間の有効期間内であれば、受け取り手が好きな日時と宿泊施設を選んで旅行できる。

 商品はギフトカードの形で配布し、カードに記載されたQRコードから専用Webサイトにアクセスして希望する宿泊プランを選んでもらう。企業の希望によっては、「オリジナルカタログ」を制作したり、専用サイトで社長メッセージを表示するカスタマイズを加えたりすることもできる。

 旅行プランでは、温泉地を中心に、ガイドラインに基づく感染防止対策を実施している宿泊施設を選定。個室、または感染防止対策を施した部屋で食事ができるほか、露天風呂や檜(ひのき)風呂などの客室内風呂や貸し切り風呂が利用できる施設を用意している。また、自家用車で移動しやすい旅行先を選定したという。

 料金は、税別3万円、5万円、7万円、10万円の4プラン(2人1室利用、1泊2食付き)。各プランで約20施設を用意している。