日興アセットマネジメントは、非接触型ビジネス関連企業の株式を中心に投資する「デジタル・トランスフォーメーション株式ファンド(通称 ゼロ・コンタクト)」を7月31日から運用開始する。

 新型コロナウイルスにより、ウイルスの感染防止のために人との接触を避ける「非接触」ニーズは高まると見ており、これを実現する技術やサービスを持つ企業に投資する。具体的には、オンラインショッピングやデリバリーサービス、ストリーミングメディア、非接触決済サービス、オンライン学習や診療などを提供する企業に注目するという。

 販売手数料は3.3%(1億円未満の場合)、信託報酬は年率1.7985%。7月20日からSMBC日興証券が取り扱う。