モスフードサービスは7月8日、全国のモスバーガーで販売している定番商品「モスバーガー」(税別343円、以下同)のミートソースを3年ぶりにリニューアルすると発表した。7月16日までに順次切り替えていく予定で、価格は変更しない。

 看板商品のモスバーガーは1972年の創業以来、累計12億8900万個を販売している。パティ、玉ねぎのみじん切り、ミートソース、輪切りのトマトを使用しており、年間売上の内訳をみても、個数と比率はいずれも常にトップだという。

 リニューアルのポイントはソースの具材感を向上させたことだ。玉ねぎを大小2種類のサイズにカットして、調理の際にそれぞれを別のタイミングで鍋に加えることで、食感が残るようにした。また、使用している豚肉のひき具合も工夫している。

 ミートソースの隠し味として、液体塩こうじ、煮詰めた酢、にがりを追加することで、“和”のテイストを取り入れた。味に深みやコクを加え、「日本のミートソース」に仕上げたという。

●なぜリニューアルをしたのか

 モスバーガーの基本設計は創業以来変わっていないが、時代の流行にあわせた味のリニューアルは常に行っている。例えば、ソースの変更は今回で13回目となる。

 今回のリニューアルはマーケティング施策とも密接に関係している。チカラを入れているのはテークアウトの強化だ。

 モスフードサービスの安藤芳徳氏(執行役員・マーケティング本部長)によると、新型コロナウイルスの影響を最も受けた4〜5月、売り上げに占めるテークアウトやデリバリーの割合は9割弱にまで増加。6月になってイートインの売り上げが回復してきたが、テークアウトの売り上げ自体は減らなかったという。現在、テークアウトの割合は7割程度になっている。そこで、自宅に持ち帰ってから食べても味が落ちないことも見据えたソースを開発した。

 コロナ禍で顧客の心理が変化したことにも対応している。安藤氏によると、ファミリー層や新規顧客は「注文で失敗したくない」と考える傾向が強いという。そこで、定番商品であり、多くの人が注文するモスバーガーをブラッシュアップすることで、満足度を高める狙いがある。

●ファミリー層の獲得を目指す

 ファミリー層向けの施策も強化する。今回、子ども向けのハンバーガーを新たに開発。7月16日に「ワイワイモスバーガーセット〈スライスチーズ入り〉」(500円)を定番商品として発売する。このセットで提供されるハンバーガーは、ケチャップやチーズを加えることで味をマイルドにしており、子どもでも食べやすいように工夫している。「(モスバーガーの)入門編」(安藤氏)という位置付けだ。子どものうちからモスバーガーに親しんでもらい、将来の顧客になってもらう狙いがある。

 また、寺本和男氏(第一商品開発グループリーダー)によると、ソースの量もファミリー向けに工夫しているという。大人が子どもにハンバーガーを与える際、手でちぎって渡していることに着目。分け与えた際、手が汚れにくいようにソースの量を減らしている。

●ドリンクもテークアウトを意識

 テークアウト向けの施策は他にもある。7月16日〜9月中旬の期間限定で販売する「フルーツティー」(Mサイズ、426円)と「タピオカフルーツティー」(Mサイズ、630円)も、持ち帰りを想定している。

 フルーツティーには凍らせたフルーツを入れている。これは、時間が経過しても紅茶の風味が薄まらないための工夫だ。弱点であったドリンクの分野を強化する狙いもある。

 このように、モスフードサービスはコロナ禍において家族で食事をする機会が増えたことに対応した商品開発を行った。