外食大手コロワイドは7月9日、定食チェーン「大戸屋」を運営する大戸屋ホールディングス(HD)に対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。

 大戸屋HDは同日、TOBの公表について「当社に対して何ら事前の相談もなく、一方的かつ突然に行われた」と不快感を示した。また、6月25日に開催された同社の定時株主総会において、コロワイドによる「子会社化を前提とした株主提案」が否決された直後にTOBを実施することに対して「当社株主の皆さまの意思を軽視するものと考えており、当社として誠に遺憾であります」とした。

 今後、大戸屋HDはコロワイドの発表内容や関連情報を精査したうえで、速やかに見解を公表する予定だという。また、株主に対しては、同社の開示する情報に留意したうえで、慎重に行動するよう呼び掛けた。