4月7日から5月末まで続いた緊急事態宣言の間、テレワークできましたか? この質問に対し、従業員1000人以上の企業で働く人の72%は「週1回以上できた」と答えたのに対し、1000人未満の中小企業では55%の人が「ほとんど〜全くできなかった」と回答していることが、コンカーの調査で分かった。

 テレワークができなかったという人に、その原因となる業務を尋ねたところ「経費精算・請求書・契約処理等のペーパーワーク」(33%)がトップ、次いで「押印による承認業務」(22%)。「昨今、テレワークの増加により『ハンコ出社』や『ペーパーレス』など旧来型のツールを見直す言葉が出てきているが、こういった『ハンコやペーパーワーク』が、テレワークができない要因の半数を超えていることが分かった」(コンカー)

 ペーパーレス化の重要性を認識していますかという質問に対し、「重要性を認識している」と答えた人は89%。一方、実際にペーパーレス化が進んでいると答えた人は55%と、「理想と実態では乖離(かいり)があることがうかがえた」(同社)

 インターネットを使った調査で、ビジネスパーソン1032人が回答した。調査期間は6月9日から10日まで。