ローソンは8月4日、デザインオフィス「nendo(ネンド)」(東京都港区)がデザインしたエコバッグ2種類を、関東・甲信越地区のローソンおよびナチュラルローソンで発売する。

 7月1日にレジ袋が有料化されてから1カ月が経過したが、ローソンのレジ袋辞退率は76%となった。これは、セブン‐イレブンの75%、ファミリーマートの77%とほぼ同水準である。

 エコバッグを持参するお客が増えたことを踏まえ、スティック状のケースに巻き取って収納可能な「巻きとりエコバッグ」と、バッグの内部を上下2層に分けられる「2層型エコバッグ」(ともに税込850円)を投入する。

 2層型エコバッグは、「温かい食品と冷たい飲み物」「食べ物と家庭用洗剤」「柔らかくてつぶれやすい食材と重たい日用品」といったように、これまでは別々のレジ袋に分けて持ち運んでいたものを1つに収納できるようになっている。また、コンビニで活用できるように、バッグ本体は弁当が収まるサイズになっているだけでなく、上部のハンモック部分には500ミリリットルのペットボトルが横向きに収まるように配慮した。