アパレル大手のワールドは8月5日、ブランドの統廃合や低収益店の撤退、希望退職募集を実施する構造改革を発表した。希望退職者は40歳以上の200人を募集。一部のブランド廃止などにより、計358店舗を閉店する。新型コロナウイルスの影響で事業環境が一変したことから、改革スピードを加速。収益力の抜本的な向上を目指す。

 同社は5年前から構造改革による合理化を進め、財務体質の改善を図ってきた。2021年3月期からも3カ年の中期計画で構造改革を段階的に進める方針だったが、新型コロナで状況が一変。「危機をきっかけに、ファッション産業に内在していた供給過剰の矛盾が一気に現実化したと認識」(同社)しており、事業を立て直すためには改革のスピードを加速せざるを得ないと判断した。

 今回の改革では「ハッシュアッシュ」「サンカンシオン」「アクアガール」「オゾック」など5ブランドを廃止。その他のブランドも統廃合や効率化の取り組みの対象となる。ブランド廃止に伴い214店舗を閉店するほか、低収益の130店舗などを含めた計358店を閉店する。

 希望退職募集は、従来の計画では人員の配置転換などを含めて段階的に取り組む予定だったが、新型コロナの影響で大幅に前倒しすることにしたという。対象者は、11月20日時点で40歳以上の社員。しかし、店舗従事者(販売員)は対象外で、再配置となる。9月14日〜30日に募集し、退職予定日は11月20日(あるいは21年3月末までで会社が指定する日)。退職希望者には退職金に加えて、特別加算金を支給する。

 また、役員報酬の減額、事務所面積の縮小などのコスト削減も行う。

 同日発表した20年4〜6月期の連結決算では、売上収益が前年同期比45.0%減の330億円、純損益が24億円の赤字だった。通期は60億円の最終赤字の見通しとなっている。