新型コロナウイルスが社会に影響を与える中、いち早く「新しい生活様式」を見越してマスクに着目した“リケジョ”がいる。通気性が良く、花粉やウイルス飛沫などを99%カットできる使い捨て用「ナノエアーマスク」を開発したアイリスオーヤマの岸美加子ヘルスケア事業部長だ。

 「アイリスのマスクを世界一にする」(生産数)との目標を掲げて、着け心地の良いマスクの開発に知恵を絞っている。「ナノエアーマスク」開発の舞台裏を聞いた。

●フィルターの壁に挑戦

 ペット用品から家電製品まで生活関連商品を生産販売しているアイリスは、6月中旬に通気性にこだわった国産「ナノエアーマスク」の「ふつう」サイズ(7枚入り498円以下税別)を発売した。着用時の息苦しさや蒸れを緩和する特徴があり、発売するなり売り切れが続出している。「ふつう」サイズに続き、「小さめ」サイズ(同価格)も9月に発売する予定だ。

 ナノエアーマスクは3層構造になっている。独自開発した特殊ナノファイバー加工の中間層を採用したことで、着用時の口元の温度上昇を従来製品よりも約半分に抑え、真夏でも快適に着用できるように工夫した。

 使い捨てマスクの開発で最も苦労したこと――。それは花粉などの浮遊物を99%除去しながら、通気性を良くして息苦しくない商品を作ることだ。そのカギとなったのは「フィルターの壁」だった。フィルターの目を粗くすると通気性は改善する一方、花粉などを通しやすくしてしまう。このため、相反する課題を同時に解決することが求められた。

 フィルターの専門メーカーとアイリスとの間で繰り返し意見交換をし、花粉やウイルス飛沫などを99%除去できるナノエアーのフィルターを共同で開発。商品化にこぎつけるまでに1年近く掛かった。

 生地の織り方にも外からでは見えない特徴が隠されている。エレクトロスピニング製法という特殊な織り方で作ることにより高い捕集性能と通気性を実現した。また、口元の3Dワイヤーによりマスク内の口が当たるところに適度な空間ができて息がしやすく、つけ心地もいい。

 商品開発する上でぶち当たった壁は化学や食品に関するキャリアと、バイタリティーで解決してきた岸部長。上司からは「僕が手綱を締めるから君は社内で『暴れ牛』になってくれていい」とお墨付きを得ているという。

●“ひらめき”でできた耳ひも トレードオフに腐心

 耳ひもにも独自の工夫を凝らしてある。マスクを長時間付けていると、耳ひもが当たる部分がかぶれる人がいて、最近では「マスク皮膚炎」とも呼ばれている。フィルターと同じように耳ひもにおいても、克服しなければならない課題が出てきた。

 かぶれをなくすためには耳ひもを緩めればよい一方、そうすると顔にフィットしなくなる。またしてもどちらを取るかを選択しなければならない「トレードオフ」という壁にぶつかった。この難題を改善しようと岸部長の頭にひらめいたのが、柔らかい包帯用生地の活用だ。包帯はフィット性が高い一方、きつくなり過ぎず、かぶれにくいからだ。マスクに包帯を使用したのは同社によれば、アイリスが初めてだという。

 だが、包帯の生地は薄くてねじれやすい。このため生産現場にはねじれないよう機械を改善するなどの対処をしてもらった。ここで強みを発揮したのが、大半の部品を内製化してきたアイリスの体制だ。

 今回、設備を導入した国内のマスク生産ラインの機械についても、これまで蓄積してきたノウハウを取り入れている。何事も内製化する文化が染みわたっているため、開発サイドから少々の無理難題を出しても解決してくれたという。

●夏の新規需要を開拓

 ヒノキの花粉症だという岸部長は、6月を過ぎて気温が18度を超えるとマスクを着けていた人の多くがマスクを外すのに気づいた。ヒノキの花粉は夏にも飛ぶため、暑くなってもマスク需要はあると考え、通気性のいいマスク開発に力を入れたのだ。これで開発したのが今年1月に発売したナノエアーマスク 花粉対策用(7枚入り398円)だ。

 この視点は、夏にはニーズがないと思われていた新規市場の開拓にもつながった。コロナの影響もあり、冬場だけと思われていたマスクの着用は今や季節にかかわらない「生活必需品」となっている。夏でも着用できるマスクを開発したのは先見性の賜物(たまもの)といえるだろう。

●会長、社長並ぶ「プレゼン会議」で“ボツ”に

 同社では製品化する前に、会長、社長、役員陣が居並ぶ前で開発担当者がプレゼンをして承認をもらう「プレゼン会議」と呼ばれる“通過儀礼”がある。

 生活者目線の「うるさい」質問が飛んでくるこの会議をクリアするのは容易ではない。1回目の挑戦で合格することは少なく、多くの商品を開発してきた岸部長もナノエアーマスク 花粉対策用を提案した19年4月のプレゼンでは、合格点をもらえなかった。理由は2つ。「花粉対策用というニッチなニーズがそもそもないのでは?」という指摘と、「他社と比較して割高なこと」だった。プレゼンで5枚入り398円を提示したら「ボツ」だった。

 岸部長は商品の付加価値を認めてもらうためにプロモーションや販売方法を再考し、7枚入り398円に設定。1カ月後の2回目のプレゼンで突破することができた。この経験をもとに、のちにヒット商品となるナノエアーフィルターを使った国産「ナノエアーマスク」をプレゼン会議にあげると、19年12月のプレゼンで1発OKが出た。

 岸部長は「プレゼンは毎週のようにやっているので鍛えられた。採用、不採用という表面的な結果だけでなく、どんな理由でダメ出しをもらったのかを掘り下げるのが大切。ボツになった背景を考えれば、次にどういう方向性を打ち出せばより良い商品ができるか、改善点が分かる」と指摘する。

●発売時期がコロナと重なる

 最初に開発した花粉を防ぐ使い捨てマスクは、夏用ではなかった。新型コロナもまだまん延していなかった。ところがアイリスのマスクは通気性が良く夏でも蒸れにくいことなどから、消費者に少しずつ認知されてきたのだ。岸部長は語る。

 「当社は2007年よりマスク生産を開始している。新型コロナの感染拡大で、日本でのマスク需要が急拡大し、中国の2工場では24時間フル稼働で生産した」

 経営陣も当初は花粉対策用のマスクというニッチな市場が果たして利益につながるかを懸念したものの、コロナによって状況が一変した。日本では年明けからマスク不足が深刻化し、1月にはコンビニなどで全く入手できない事態となった。この時期と、アイリスの花粉用ナノエアーマスクの発売が重なり、瞬間蒸発のように売れた。

 その後、マスクの本格的な生産を決断。宮城県の角田工場を活用してマスクを増産し、8月中には月産1億5000万枚を供給する。中国の工場で生産して日本に輸出する8000万枚を合わせると、月2億3000万枚の供給が可能になるという。国内への設備導入にかかる投資額は約30億円だが、この4分の3は国からの補助金を活用する。アイリスの調査によると、生産量は日本で1位になるとみている。

●海外に向け布石

 世界のマスク市場で見ると、海外では医療用マスクは使われてきたものの、家庭用マスクはつける習慣がなかったため、ほとんど使われていなかった。しかしコロナの感染拡大によって家庭用使い捨てマスクの世界的な需要が急増し、全世界で生活必需品になりつつある。

 アイリスのマスク工場は中国の大連と蘇州の2カ所にある。しかも両工場とも中国資本との合弁ではなく、100%アイリス資本の工場だ。このため今年の1月ごろ中国から日本へのマスク輸出がストップした際も、同社の工場から日本向けに輸出ができた。

 今後は中国以外でも、米国とフランスの工場が10月から、韓国が11月からマスクを生産し、中国で蓄積した生産ノウハウを生かして、世界市場を視野に入れた生産体制を確立させようとしている。

 アイリスの工場は、稼働を考える上で、常に3割ほど余裕をもって建てられている。このため、増産が必要になった場合でも機械さえ持ち込めば生産がスタートできる機動的な体制を組むことが可能だという。

●性格に合った社風

 岸部長はアイリス入社前、夫と同じ化学関連の会社に勤務していた。しかし、この会社の取扱商品を取り巻く環境が悪化し、風評被害が発生。将来の家計のリスクヘッジのために01年に転職を決断し、アイリスに中途入社した。

 理由は、自宅からは遠かったものの、宮城県内で化学系技術者の正社員の募集をしているメーカーの中では一番給料が高かったためだという。その当時アイリスはまだ事業規模も今ほどには大きくなかった。14年には能力を買われて、ヘルスケア事業部の部長に抜擢(ばってき)された。

 もともと研究職だっただけにいきなり部長という管理職に抜擢されるのは異例だったという。経営数値の読み方を覚えるなど、初めての経験に最初は戸惑った。だが新しいことに前向きに取り組む姿勢で乗り切った。アイリスの社風の好きな所を聞くと「変化への対応力」と答える。「常に周囲の環境を観察し、ニオイを感じて商品開発ができる。変わることが大好きな会社なので、私の性格と合っているのかもしれない」と笑う。

 同社の製品は大きく分けて、ペット用品や収納品、調理用品など日用品、ハード・園芸用品とマスクも含めたホーム事業部と、家電事業部とに分かれている。面白いのは、ホーム事業部ならばペット用品、日用品など、どの商品を開発してもよく、営業も家電・ホーム事業部の商品全てを担当する。

 つまり、よくある狭い分野だけ担当する「タコつぼ型経営」を避けて、幅広く担当させる仕組みを採用しているのだ。それだけに隣の仕事を見ることができ、場合によっては互いに協力して問題解決に取り組む場合もあるという。

 ボーナスとは別の決算賞与は、年間の利益を、主任以上の社員に利益貢献度に応じて分配する制度になっていて、結果に応じて報酬がもらえる給与体系になっている。

●「『金メダル』がほしい」

 多くのヒット商品を開発してきた岸部長は「年間を通して社内の業績に貢献した人がもらえるメダルのうち、『銀』と『銅』はもらったが、今度は(最も貢献した社員に授与される)『金メダル』がほしい」と、あくまでどん欲だ。

 「世界一」を狙う岸部長にとって、日本国内での首位には届きそうだ。グローバルでのマスク生産でもトップに到達できれば、文字通りマスク市場で「世界一」になれるわけで、夢の実現にも手が届きそうだ。

●出身にとらわれない登用人事

 以上が岸部長へのインタビュー内容だ。岸部長の問題解決能力も素晴らしいが、中途採用にもかかわらず、才能のある人材に活躍の場を与えているアイリスの自由な職場環境は他社も見習うべきものがある。

 昨年11月に東芝から途中入社してテレビ事業部の責任者となった部長を取材したが(関連記事【快進撃続けるアイリスオーヤマの「おじさん技術者」たち 元「東芝」技術者のもと“テレビ”でも旋風を起こせるか】を参照)、今回も中途の社員が活躍をしているのを見ると、出身にとらわれない同社の登用人事の要点を探ってみたい気がした。

(経済ジャーナリスト中西享、アイティメディア今野大一)