7月30日、中国EVメーカー「理想汽車」がナスダックに上場した。その企業名を知る日本人は多くないが、コロナ禍を乗り越えてIPOを果たした同社は、中国国内でのメーカー間の競争から一歩抜け出し、テスラのライバルを名乗る資格を手にしたと評価されている。そして理想汽車のIPOに至る道のりからは、中国マーケットの豊かさと厳しさの両方を感じ取ることができる。

●伏兵のIPO、中国でも驚き広がる

 理想汽車の上場初日の終値は16.46ドルで、公募価格の11.5ドルを43.1%上回り、時価総額も2018年に中国EVメーカーとして初めて米市場に上場した蔚来汽車(NIO)を一時抜いた。

 実は中国市場では、NIOに続いて上場するのは18年12月に量産車を発売した小鵬汽車だと見られていた。そのため19年12月に最初の量産車「理想ONE」を発売したばかりの理想汽車が、IPOで先行したことには驚きが走った。IPOの目論見書によると、同社の純損失は18年が15億3200万元(約230億円)、19年が24億3800万元(約370億円)だった。しかし20年第1四半期は、売上高8億4000万元(約120億円)を計上し、純損失も2億3300万元(約35億円)まで縮小しているうえ、理想ONEの販売台数も既に5000台を超えていることが判明した。

 伏兵の理想汽車がコロナ禍にもかかわらず躍進しているのは、創業者が連続起業家であるため、理想を追うだけでなく現実的な判断ができたことも大きく関係しているだろう。

●高卒の連続起業家、2度目の上場

 創業者の氏名「李想(Li Xiang)」は、社名の「理想(Lixiang)」と同音異字だ。81年生まれの彼は大学に進学せず、00年に1回目の起業に挑戦した。有名大卒が多い中国のIT系起業家の中では異色の高卒起業家でもある。

 李氏が自動車業界に足を踏み入れたのは、2回目の起業として自動車情報プラットフォーム「汽車之家」を設立した05年。同社は短期間のうちに中国で業界最大手に成長し、13年にニューヨーク市場に上場した。だが李氏は15年に同社のCEOを退任、EVメーカー理想汽車を創業した。

 中国ではPM2.5などで大気汚染が深刻化し、政府が環境対策に力を入れ始めた14年にEV企業が多数設立され、後に「EV元年」と呼ばれるようになった。14年にテスラを購入した李氏も、ブームに乗って15年7月にEVメーカーを立ち上げた。

 同社が19年12月に「理想ONE」を発売したことは前述したが、これは純EVではなく、プラグインハイブリッド車(PHEV)だ。理想汽車は、開発過程で技術や資金の問題に直面した結果、補助としてガソリンエンジンで発電できるレンジエクステンダーEVの量産化に目標を切り替えることで開発コストを落とし、競争相手が少ない大型SUVにフォーカスした。

 理想を引っ込めて19年末に量産化を実現した李想氏の判断は、結果的に大正解だった。というのもその直後に新型コロナウイルスが拡大し、コロナ前に量産化が間に合わなかったEV企業は20年に入って次々に破綻しているからだ。

 米国で派手なプロモーションを展開し、注目を集めていたBYTON(バイトン)は、7月1日に事業を停止した。最新の技術を詰め込んだ高級車を生産しようとしていたBYTONが、量産化の前に行き詰まったのに対し、理想汽車はコロナ前に予約受け付けを開始し、20年6月初めにはテンセントグループに属し、出前アプリで知られる美団点評などから、5億5000万ドル(約5800億円)を調達した。

 中国政府がアフターコロナの経済対策として、本来は打ち切り予定だったEV車への補助金延長を決めた結果、生存可能性が高い少数の企業に、資金が集中しているのだ。

●CEOが明かした「最も感謝すべき3人」

 理想汽車は7月30日、北京市で上場記念セレモニーを行った。登壇した李氏は、「特に感謝すべき人物」として3人の名前を挙げた。この3人の属性には、中国のEVメーカーが生存するためのキーワードが集約されている。

 氏が最初に名前を挙げたのは、理想汽車の最高財務責任者(CFO)李鉄氏だ。李想氏によると創業翌年の16年、知人関係にあった李鉄氏に理想汽車のCFO候補の紹介を依頼した。李鉄氏は数人を紹介したが、李想氏は次第に「李鉄が最適任」と考えるようになり、李鉄氏を口説き落としてCFOを引受けてもらったという。

 実は中国最大のEC企業であるアリババにも似たようなストーリーがある。ジャック・マー氏が17人の仲間と起業した99年、「VCの投資家」としてマー氏と対面した蔡崇信(ジョセフ・ツァイ)氏は、マー氏の人柄と熱意に惹かれ、70万ドル(約8000万円)の年棒を捨て、月額報酬500元(約7800円)でアリババにCFOとしてジョインした。アリババは蔡崇信氏のつながりでゴールドマン・サックスから出資を得ることに成功し、さらにはソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の目にも留まることとなった。

 蔡崇信氏はマー氏が18年に会長引退を表明するまで、右腕としてアリババの経営を支え、中国では「起業するなら、あなたの蔡崇信を探せ」という言葉も生まれた。

 EVメーカーは開発に巨額のコストがかかり、量産化前に資金ショートして失敗に終わるケースの方が多い。李想CEOは「コスト削減、契約関連の全てで彼が必要だった。最高のCFOがいたから、中国の自動車メーカーで最高のIPOができた」と語った。

●テスラから乗り換えてくれたオーナーに感謝

 李想氏が次に名前を挙げたのは、VC「経緯中国(MatrixPartners China)」のパートナー張穎氏だ。李想氏によると18年末、理想汽車が資金難に陥ったとき、張穎氏の仲介で複数のファンドと交渉の機会を得て、1カ月も経たずに追加資金を手にしたという。

 19年に再度資金繰りが悪化した際、李想氏と李鉄氏は出資を求めて100社以上に接触したが、うまく行かなかった。その時張穎氏は、「手ごわいが金を持っている起業家を当たれ」と助言。李想氏は4人にコンタクトし、美団点評の王興CEOとTikTokの運営企業であるバイトダンス(字節跳動)の張一鳴CEOから資金を調達できたという。

 理想汽車に数度にわたって出資してきた王興氏は、今回の同社のIPOで投資家として評価され、両者にとってWin-Winとなった。

 李想が「感謝している人」として3人目に挙げたのは、「理想ONE」のオーナー郝一菲氏だった。テスラから理想ONEに乗り換えた同氏は、友人にも購入を勧め、郝一菲氏経由の購入者は100人を超えるという。

 李想氏はテスラのModel Sが上海に上陸した14年、中国本土の最初のオーナーの1人としてイーロン・マスクCEOから鍵を受け取っている。

 テスラは19年12月に上海工場を稼働させ、理想ONEと価格がそう変わらない「Model 3」の出荷を始めた。テスラのブランド力が突出する中であえて乗り換えてくれた1オーナーの名前を挙げたのは、テスラを追いかけて起業した李想氏自身が、誰よりも両社の力量差を分かっているからだろう。

(浦上早苗)