いまではキャッシュレスの時代となり、なかなか使用されなくなった券売機。人によっては、交通系ICカードにチャージするときに使用する、ということもあるだろうが、それも現在ではクレジットカードを使用したオートチャージやスマートフォンへのチャージにより、その利用も少なくなっている。

 一方で、現金を使用する人が少数でもいる限り、いやこの世に現金がある限り、券売機の存在をなくすことはできない。そんな中で、券売機をどう有効活用していくかだけではなく、券売機を利用して鉄道利用者を中心とした地域の人とどう接点を持つのか、を考える鉄道会社が現れた。東急電鉄だ。

●LINE Payへのチャージが可能に

 東急および東急電鉄は7月15日から、東急線各駅(一部を除く)の券売機において、LINE Payへの現金によるチャージサービスを開始した。東急とGMOペイメントゲートウェイが共同開発した「駅券売機スマートフォン決済チャージシステム」を使用し、LINEのアプリにチャージしようというものだ。

 多くの人がちょっとした連絡などで使用しているLINEには、「ウォレット」という決済用のサービスが備わっており、QRコード決済を行うことができる。決済するためにはこのアプリにチャージしなくてはならず、これまでは銀行口座やセブン銀行のATMからのチャージ、LINE Payカードを購入しなければければいけなかったが、そこに東急の券売機が加わった。

 券売機に表示されるQRコードをLINEアプリで読み取り、1000円以上のお札を券売機に投入する。するとアプリに新しく投入された金額が表示される。チャージ可能なのはお札のみで、硬貨でのチャージは不可能。1000円以上4万9000円以下までチャージすることができる。

●東急及び東急電鉄の意図

 東急及び東急電鉄の意図として、銀行口座やクレジットカードを持たない若年層や、現金派の利用者を中心にチャージできる環境を整えることで、キャッシュレス化を推進したい狙いがある。一方で交通系ICカードとのカニバリズムが起きるが、キャッシュレス社会の推進のためには寄与できるものであり、肯定的に考えたい取り組みであろう。

 この取り組みに対し、事業担当者の八巻善行氏は「地域の現金の取り扱い拠点として本サービスおよびキャッシュアウト・サービス(後述)を通じて、沿線住民のみなさまの利便性向上に貢献していきたいと考えています」とサービス発表の際にコメントしている。

 また八巻氏は「本サービスで券売機に投入された1000円札などの紙幣は、他の券売機サービスで必要な『お釣り』として再利用されます。本サービスの利用拡大により駅係員による券売機のお釣り補充業務を減らし、業務の効率化にもつながるよう目指します」という。

 このあたりがポイントなのだろうな、と感じられる。それでは、この取り組みの前史である、「キャッシュアウト」サービスとはどんなものだろうか。

●券売機で1万円札を引き出せる

 2019年5月8日から、東急は横浜銀行やゆうちょ銀行、GMOペイメントゲートウェイと協力し、東急線各駅(一部を除く)の券売機で預貯金の引き出しができる、キャッシュアウト・サービスを開始した。といっても、券売機にキャッシュカードを投入すればお金が引き出せる、というものではない。

 横浜銀行とGMOペイメントゲートウェイは、「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」の仕組みを開発した。その仕組みを利用し、駅の券売機でキャッシュアウト・サービスを行う。

 横浜銀行の「はま Pay」、あるいはゆうちょ銀行の「ゆうちょ Pay」で引き出し金額を入力し、スマートフォンにQRコードを表示させ、券売機にある読み取り部にかざすことで、1万円札を出金することができる。1万円札は1枚から3枚まで出金することが可能だ。

 横浜銀行は神奈川県内を中心に展開しているので、どうしても東京都内に支店やATMは少ない。ゆうちょ銀行は全国各地に支店やATMがあるものの、駅のすぐ近くにないケースが目立つ。両銀行を利用している多くの人は、こうした不便さを感じているはずなので、この新たなシステムは便利である。ちなみに、手数料は無料だ。

 この事業も担当する八巻氏は、「駅は生活の中心であり、お客さまのニーズの変化に対応し、安心、安全にご利用いただける場所でありつづける必要があると考えています」とした。その駅において、「キャッシュレス化が進むと手元に現金がない状況が多くなり、いざというときに困ることも想定されます。駅に行けば現金を下ろせるという安心感をお客さまに提供することで、日本のキャッシュレス化の推進に、駅という場を通じて貢献し続けたいと考えています」とサービス発表時に述べている。

●券売機を軸に利用者の流れとお金の流れを結びつける

 定期券を買う際には、1万円札を使用することが多い。もちろん、クレジットカードで買うことも多いものの、通学定期券などは親が来て1万円札を使用し、払うこともある。特に子どもが小中学生だとそうなる。

 そして券売機の中に、さらには窓口を介して東急の駅の中に、1万円札が貯まっていく。一方で、お釣りで1000円札を使用すると、1000円札が不足する。もちろん、企業にとってお金はあればあるほどありがたいが、銀行口座内で処理することの多いこのご時世、現金は扱いのやっかいなものとなってきている。しかし、1000円札の確保も必要である。その上で、東急はグループ全体として街づくりを行い、その中心として駅と鉄道を位置付けている企業戦略がある。

 現金のハンドリングを効率化する一方で、駅が地域の中心、生活の中心となるように拠点性を高める、というのがこの2つのお金にまつわるサービスの背景にあると考えられる。

 鉄道事業、そして東急グループの事業に必要なお金の流れをよくするだけではなく、券売機を中心に利用者の流れを形成するために、これらは結びついている。券売機を使うことで、事業の中心軸と利用者の中心軸をつくり出し、便利なサービスを提供するだけではなく利用者のロイヤリティを高める、というのが東急の真の目的ではないだろうか。

(小林拓矢)