10月から施行されるたばこ税の増税を控え、たばこメーカーは、紙巻たばこや加熱式たばこなど、各銘柄の値上げを発表している。

 「IQOS(アイコス)」「glo(グロー)」「Ploom(プルーム)」といった加熱式たばこ用銘柄や、紙巻たばこの価格はいくらになるのか。各社の値上げ状況をまとめた。

●JTは224銘柄、1箱あたり主として50円の値上げ

 JT(日本たばこ産業)は、紙巻たばこ136銘柄、加熱式たばこ48銘柄など、計224銘柄を値上げする。

 紙巻たばこは、「ナチュラル アメリカン スピリット」 (530円→570円)、「セブンスター」「ピース(20 本入)」(510円→560円)、「メビウス」「ピアニッシモ」(490円→540円)「ウィンストン」(450円→500円)、「キャメル」(400円→450円)など。

 加熱式たばこは、「メビウス・プルーム・テック専用」(490円→540円)、「メビウス・プルーム・テック・プラス専用」(500円→550円)「メビウス・プルーム・エス用」(490円→540円)、「キャメル・プルーム・エス用」(460円→500円)などが対象となる。

 また、葉巻たばこ16銘柄、パイプたばこ3銘柄、刻みたばこ3銘柄、かぎたばこ18銘柄も値上げする。

●フィリップモリスは全101銘柄、20〜50円程度値上げ

 フィリップ モリス ジャパンは、紙巻たばこ77銘柄、加熱式たばこ21銘柄、葉巻たばこ3銘柄、20〜50円程度の値上げとなる。

 対象となる紙巻たばこは、「マールボロ」(520円→570円)、「ラーク100ボックス」(460円→500円)、「パーラメントKSボックス」(500円→540円)、「バージニア・エス・ソフィア6」(490円→530円)など。

 対象となる加熱式たばこは、「マールボロ・ヒートスティック・レギュラー」(520円→550円)、「マールボロ・ヒートスティック・ディメンジョンズ・ノア」(530円→560円)「ヒーツ・クリア・シルバー」(470円→500円)などである。

●BATJは132銘柄の値上げ

 ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BATJ)は、紙巻たばこ57銘柄、葉巻たばこ12銘柄の計69銘柄を40〜60円、加熱式たばこ63銘柄を10〜20円値上げする。

 対象となる紙巻たばこは、「ケント」の主要銘柄(460円→500円)、「「ケント・エス・シリーズ」(440円→480円)、「クール」の主要銘柄(490円→530円)、「ラッキー・ストライク」の主要銘柄(520円→560円)など。

 加熱式たばこの銘柄は、「ケント・ネオスティック」(460円→480円)、「ネオ」「ネオ・ポッド」(500円→520円)「ケント・ネオスティック(glo hyper用)」(470円→480円)など。

 なお「ネオ・テラコッタ・タバコ・スティック・glo hyper用」など加熱式たばこ9銘柄、かぎたばこ4銘柄については価格を据え置く。